本文へスキップ

歴史を知る

三ツ方森集落の歴史

画像:三ツ方森集落の歴史

 三ツ方森(みつかたもり)集落会館から眺めることができる素晴らしい景色。昔、その眺めは「矢島」「亀田」「本荘」藩の境界を見守る為に利用されていました。
当時の本荘藩により「猪股與左衛門」が任命され、その役割のため「名字帯刀(みょうじたいとう)」を許されました(名字帯刀とは、名字を名のること、刀を腰に差すのを許されることを言います)。
そして、「猪股与左衛門」は今の三ツ方森の地に住みながら任務を始めました。「三ツ方森」という名前は「三つの藩の境界」が由来だそうです。

 その後、任務を忠実に務めた「猪股與左衛門」の家は明治頃からどんどん繁栄し、4軒の分家を含めた5軒の集落となりました。また「猪股與左衛門」は「石沢八館」の一つ、上野部落にあった「上野館」の城主、「猪股金平」の一族とも伝えられています。
「上野館」もまた、三方の様子をよく見渡すことができる土地にあったと見られます。

 三ツ方森集落は明治から2012年現在に至るまで、5軒のまま減ることも増えることもなく、古くから続く歴史深い集落です。
山の上ということで、田んぼが作りづらいことや、すぐに大きくなり山を覆う草木など、人の生活上不便な場所に集落が誕生したのは、そのような江戸時代の歴史の背景があったからでした。

 山焼きや「根花餅」など、三ツ方森集落で続く伝統は、遥かな時を越えて今に繋がっています。
 

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る

由利の関連情報