本文へスキップ

名物に触れる

清水淵峡

画像:清水淵峡

 

 


 国道108号線を由利本荘市から雄勝方面に進むと見えてくる青い欄干の「清水淵橋」。この橋一帯は「清水淵峡」と言われ、明治時代から橋を掛けるのが困難な鳥海地域の難所でした。平成に入り行われた国道改良工事により、現在は気軽に立ち寄れる観光地スポットとなっています。

 峡谷に連続して掛る「清水淵橋」「中の橋」「三ノ坪橋」の3つの橋がアクセントとなり、紅葉の時期、これらの橋から見下ろす断崖と清流、そして紅葉のコントラストは見ごたえ満点。特に「中の橋」からの眺望は絶品。紅葉だけでなく新緑の季節もオススメです。

 好天に恵まれれば、早朝に発生する川霧の幻想的な光景に遭遇するチャンスも。この3つの橋、絶対に見逃せない鳥海地域の絶景スポットです。
2010年12月掲載

ページ上部へ戻る