本文へスキップ

名物に触れる

鳥海山

画像:鳥海山

 秋田県と山形県の県境に位置する「鳥海山」。東北第2位の標高2236mという高さと、山容が見事な二等辺三角形をしているため、「出羽富士」とも呼ばれています。 

 中直根は、標高250m地点の北側の高原地帯に存在しています。ここ中直根から眺める「鳥海山」は、秋田市や離れた位置から望む、遠くに青くたたずむ姿とは違い、周りの景色に見える山々を従えているかのように力強く、迫力ある姿をしています。
 
 冬場は多くのスキー客が、夏場は万年雪を眺めつつ、涼を求める登山客で賑わいます。山中には、チョウカイアザミやチョウカイフスマなどの固有種を筆頭とした、希少な高山植物も生息しており、自然も楽しめることができます。
 
 鳥海山は海辺にそびえる孤峰です。海抜0m地点から頂上までの道のりを、風に運ばれてくるさざ波の音を聴きながら、登山をお楽しみ下さい。
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る