本文へスキップ

名物に触れる

上郷の温水路群

画像:上郷の温水路群

 

にかほ市上郷地区、鳥海山麓の標高100~250mほどに位置するこの地域には、日本で初めて造られた温水路が存在します。横岡集落から田んぼを北へと進むと、杉林を越えたあたりに幅広い水路をいくつか見ることができます。

この地域の人々は、昔から鳥海山の融雪水を川から引き込んで稲作に利用してきました。しかし、この水は夏でも水温が10℃前後と非常に冷たいため稲作には適しません。人々はこの冷水による障害に悩まされ、溜池や犠牲田を設置するなどの対策も行なっていました。

ところが大正15年(1926年)になって、上流部で横岡第一発電所の操業が始まりました。旧上郷村の各集落には電力会社から補償金が支払われ、人々はこの補償金で温水路を建設することに決めました。この温水路を考案したのが、長岡集落の理事であった佐々木順次郎氏です。彼は、水温上昇のためにはできるだけ水路の幅を広く、水深は浅く、多くの落差工(段差)を配し、水をゆっくり流すことが必要だと独自に考えました。施工までも全て住民によって行なわれ、昭和2年(1927年)最初に完成したのが長さ648mの長岡温水路です。

温水路の効果は絶大で、80ヘクタール分の冷水害を返上できました。これに続き昭和4年には大森温水路、同12年に水岡温水路、同18年に小滝温水路、同25年に象潟温水路が完成しました。さらに翌26年からは県営の事業として温水路の延長・改修工事が始まり、昭和35年まで行なわれたこの工事は総延長6.28kmにもなる大事業となりました。

結果として2℃から最大で8℃ほどの水温上昇が認められました。収穫も建設以前は豊作でも10アールあたり300kgほどだったのに対して、平成7年の時点で600kgほどの収穫量となっています。栽培技術の進歩による収穫増はもちろんですが、温水路なくしてこれほどの増量はなかったでしょう。

近年ではこの温水路の遺産としての価値が県内外で認められ、社団法人土木学会の「平成15年度(2003年度) 土木学会推奨土木遺産」に選ばれました。2006年には農林水産省の「疏水百選」、2009年には県指定の有形文化財(建造物)にも選定されました。地域の苦難の歴史と美しい景観とを共に残しつつ、現在も米づくりに大いに役立っています。
 
2011年4月掲載
■参考資料
・『鳥海町史 資料編Ⅱ』

ページ上部へ戻る