本文へスキップ

語りを聞く

グリーンツーリズム実践者 川村昭さん

画像:グリーンツーリズム実践者 川村昭さん

 グリーン・ツーリズム実践者の川村昭さんは、市役所からの誘いをきっかけとして自宅の畑を舞台に外部との交流を始めました。活動は2009年から始まり、秋田市内の幼稚園児や保護者を対象とした、畑での野菜の収穫体験、水路での水遊び、収穫祭などの活動を行っています。

 大きく、立派に育った夕顔や大根の収穫では、子どもたちは見たこともない大きさの野菜に大喜びしました。

 川村さんのご自宅の庭には、300年以上にもなる町指定文化財のイチイの木があり、すぐ目の前には、清流の里・鵜養のシンボル、用水路が豊かな水を湛え流れています。その用水路で、収穫した野菜を洗ったり水遊びをしたりしながら、子どもたちは野菜収穫の大変さと喜びを学びました。

 都市部の園児たちは用水路での水遊びに夢中になりました。水路で冷やしたスイカを一緒に食べたり、老人会の方たちと一緒にご飯を食べたりと……川村さんの話す子どもたちとの思い出は尽きることがないようです。

 グリーン・ツーリズムを実践して良かったと思うのは、子どもたちが喜ぶ顔や笑い声で集落が賑やかになることだ、と川村さんは話します。

 最近では毎年来てくれる子どもも増え、1年ごとに子どもたちの成長を見ることが出来て嬉しい。と川村さんは目を細めていました。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る