本文へスキップ

風土を楽しむ

落合鶴亀漫芸一座

画像:落合鶴亀漫芸一座

 

 平成23年、落合集落に住民たちの元気が集った「落合漫芸一座」が誕生しました。元気なムラづくりの一環で作成された「一人一役マップ」を元に、座長・伊藤一男さんを中心に10人程のメンバーで結成され、歌や踊り、楽器演奏、様々な特技を持つ落合住民が集った「落合漫芸一座」は、落合集落ならではの色を出した一座です。これまでに5回の公演を行ってきましたが、そのほとんどが練習なしのぶっつけ本番だそうです。一座が結成される以前は、皆さん元々趣味でやられていたそうなので、ほとんどの皆さんが舞台経験あり。プロのようなお手並みと言っても過言ではないのですが、ほとんどがボランティア活動として公演を行っています。
 
座長・伊藤一男さんは、元々の趣味であったハーモニカだけでなく、“秋田万歳”もとても上手。平成23年10月に男鹿市脇本で行われた“ふれあいいきいきサロン”で披露された“秋田万歳”は、たくさんの観客たちを笑いの渦へ巻き込みました。憧れは秋田が生んだ漫芸芸人、故・大潟八郎氏だそうです。皆さん持ち前の芸に日々改良、磨きを重ね、集落の皆さんや多くの方々に楽しんでもらえるよう日々頑張っています。


【産地直送ブログ】
●平成25年
五城目町短期地域おこし協力隊 河原﨑彩子さんと、地域の皆さんが残したもの

●平成24年
秋田県内31地域150集落が一堂に!~あきた元気ムラ大交流会2012~
落合地域の元気な力! 落合漫芸一座in若美地区!

●平成23年
笑い声でひとつになった会場 ~落合漫芸一座~
 
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る