本文へスキップ

風土を楽しむ

かもあおさ笑楽校

画像:かもあおさ笑楽校

 
 男鹿半島西海岸の活性化のため、男鹿市より事業委託された「男鹿水族館GAO」が中心となり行われている「西海岸ブラッシュアップ事業」。加茂青砂地域では「西海岸ブラッシュアップ事業」の一環として、閉校した旧加茂青砂小学校を利用した体験教室「かもあおさ笑楽校」が開催されました。
 
 記念すべき一回目の授業では、県内食肉加工業者が講師を務め、男鹿市の名産品「しょっつる」を隠し味に使用したソーセージ作りや、玉ねぎの皮などを利用した草木染めなど9つの授業が行われました。「こだし作り教室」では、加茂青砂地域出身の大友フサさん(84歳)が講師となり、遠方から参加された生徒たちに手取り足取り加茂青砂伝統の技を伝えていました。
 
 二回目からの授業では、加茂青砂地域の磯を探索するシュノーケリング講座や、「かもあおさ笑楽校」の開講式イベント「かもあおさお花見音楽会」で演奏された、アフリカの打楽器「ジャンベ」の講座など、様々な体験教室が行われました。
 
旧加茂青砂小学校の校舎を利用した体験教室の実施は2011年10月まで行われ、10月16日には、「かもあおさ笑楽校ファイナル学芸会」が行われました。
ファイナル学芸会までに校舎の改修工事が行われ、新しく生まれ変わった校舎には、体験教室の講師や生徒たちが集まり、それまでの体験教室で作った作品の展示、体験教室で生徒たちが学んできた「民謡踊り」や「ジャンベ」の発表会が行われました。
その他にもコントラバスの演奏やフォークライブ、校舎の外では加茂青砂地域の地域おこし協力隊の主催により「日本海鮭祭り」が開催され、獲れたての鮭をキャベツなどの野菜と一緒に味噌で蒸し焼きにした「ちゃんちゃん焼き」が振る舞われました。
 
「旧加茂青砂小学校の側に佇む桜の木を元気づけたい」と始まった「かもあおさ笑楽校」には、加茂青砂集落内外から、たくさんの笑顔と元気が集まり、「また来たい!」と話す方々が多くいらっしゃいました。
教えることに慣れていなかったという地元の講師の方が、回を重ねるごとに生徒たちと打ち解けていく姿がとても印象的でした。
 
 潮騒の音、参加した皆さんの笑い声、そして誇らしげにたなびく大漁旗、そんな情景が今もなお目に焼き付いています。
2012年5月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
「かもあおさ笑楽校」で文化祭が開催されました!(2012年11月7日掲載)
「かもあおさ笑楽校」ファイナル学芸会(2011年10月20日掲載)
男鹿市・加茂青砂地域で「お花見音楽会」が行われま した!(2011年5月11日掲載)

ページ上部へ戻る