本文へスキップ

名産を買う

石塚みつるさんの原木シイタケ

画像:石塚みつるさんの原木シイタケ

  最近スーパーに並ぶシイタケは、効率的、安価であることから、おがくずなどをつかった「菌床」での栽培がメインになってしまいました。

 
 しかし、鵜養(うやしない)の石塚みつるさんの作る「原木」シイタケは、一味も二味も違います。「原木」つまり木から直接生えるシイタケは、肉厚な歯ごたえ、香りも強い「本物」のシイタケです。
 
 お肉のような食感と、シイタケ独特の良い香りが特徴の原木シイタケ。その秘密はやはり「原木」です。岩見三内の山々から切り出された木を使用し、植菌の後約一年、菌が木にいきわたってから、水の中に沈めて取り出し、適温におくことで、ようやく生えてくるのが原木シイタケなんです。この膨大な手間暇がかかっているからこそ、シイタケ本来の食感と味を楽しむことができるのです。
 
 シイタケの旬は、5月と10月です。量もたくさん取れ、味も良くなるそうです。
 
 このシイタケが味わえるのは、秋田市・日赤病院そばの直売所「いぶきの里」と、後はみつるさんとの直接売買だけなんです。また、シイタケを育てたいという方向けに「原木」の販売も行っています。
 
 冬季はシイタケの出荷は難しいですが、春になってシイタケが欲しい、原木が欲しい、という方は下記のお問い合わせ先へ是非連絡してみてください。地方発送も行っているそうです。
 
【お問い合わせ】石塚みつる
●電話:090-9740-8408 
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る