本文へスキップ

歴史を知る

恋地番楽

 五城目町には江戸時代の紀行家・菅江真澄が何度も訪れ、著作「ひなのあそび」の中で、五城目町に伝わる番楽の一つ、山内番楽に興味を示した菅江真澄は、舞の描写を記しています。

 五城目の番楽は山内、中村、西野、恋地と、その土地名を名前にするのが特徴で、恋地集落に伝えられていた「恋地番楽」は現在休止中ですが、かつて五城目町主催の番楽競演会で華やかに舞を奉納した伝統行事でした。現在の「杉沢交流センター友愛館」には、かつて地域の子供たちが演じた様子が写真で残されており、当時の勇荘な番楽のワンショットを見ることができます。

平成22(2010)年4月掲載

ページ上部へ戻る