本文へスキップ

名物に触れる

殿渕(とのぶち)

画像:殿渕(とのぶち)

 鵜養地区を流れる大又川をさかのぼると、翡翠色の水を湛える渓谷、殿渕が姿を現します。

 その名の由来には、昔この地を訪れた殿様がその場所で落馬したため、という説や、久保田藩2代目藩主の佐竹義隆公が、この場所で金銀の銭を撒いて地元の漁師たちに拾わせたことから、というものなど諸説あります。

 殿淵にかかる小さなアーチ橋を渡ると、透明感のあるエメラルドグリーンが眼下に広がり、清流の証であるイワナやヤマメなどの姿を見ることもできます。また、川面の両岸にはツツジやカエデが生い茂り、四季折々の姿を見せ、見る人の目を楽しませてくれます。

 ここで元気ムラだけの情報を! 橋を渡りきったところにある小さなお堂、この付近のくぼみはお殿様が馬で通った時の足跡とも言われています。このくぼみにたまった水はイボに効くと現地の方は話していました。

 上流の伏伸の滝とも遊歩道でつながっているので、マイナスイオンを全身に浴びながら、散策してみるのはいかがですか?

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る