本文へスキップ

名物に触れる

鮭の遡上する川「鮪川」

画像:鮭の遡上する川「鮪川」

 鮪川地域を貫くように流れる一本の川があります。

 滝の頭に源を発し、五里合海水浴場の付近で日本海へと注ぐ小さな小さな川。
この川こそが、鮪川集落の名前の元ともなった「鮪川(しびかわ)」です。

 今ではコンクリート護岸で覆われていますが、かつては短い川ながら魚影の濃い豊かな川でした。ヤツメウナギをはじめとした川魚のほか、滝の頭で養殖されていたニジマスが迷い込むこともありました。

 少なくなったとはいえ、今もそうした魚たちを見かけます。滝の頭から噴出するミネラル豊富な寒風山の伏流水のたまものと言えそうですが、鮪川の見せる自然環境の中でも驚きなのが、鮭の遡上が見られること。

 以前、鮪川地域では鮭の養殖が行われており、養殖池には滝の頭の水が使われたことがありました。その水の香りを覚えている鮭たちが世代交代しながら、今でもつがいになって鮪川を遡上してきていると考えられます。

 晩秋から初冬にかけて、ごくまれにですが、鮪川の冷たい水を遡上してきた鮭たちが、身体のあちこちを傷だらけにしながら、産卵する光景を見ることができます。

 小さな川ですが、自然の営みが確かにそこにはあります。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る