本文へスキップ

語りを聞く

石川郷中の活動

画像:石川郷中の活動

 石川郷中は、平成11年度の農林水産省の農林水産祭むらづくり部門で、最高の栄誉といわれる天皇杯を受賞しています。集落が廃墟と化した昭和38年の大火後にスタートした石川のムラづくりは、集落の都市計画から始まります。

 現在の広い道路は、各世帯が自分の家の敷地の1割を寄付して区画整理されたもの。整備された道路には、消火栓と消化ホースを50m置きに設置し、道路裏には、火災の際、逃げ道となる道路を作りました。現在の石川の街並みは、大火の教訓が組み込まれた都市計画が反映されています。

 「自立」という言葉が、石川にはよく似合います。メロン、キャベツ、みょうが、そばといった作物を転作田で栽培し、集落の課題だった出稼ぎの解消に勤めてきました。江戸時代から伝わる石川そばが発達したのも、生活のためと言われています。大火で焼失した伝統行事の衣装は、写真などを参考に復元。また、伝統芸能を地元小学校のクラブ活動に組み込むなど、地域ぐるみで継承につとめました。

 石川郷中では、「石川生産森林組合」と「石川上下水道維持管理組合」の2つの事業を運営しています。生活に欠かせない水道は、石川の大きな自慢の一つ。井戸水の豊富な石川では、大火後、行政に頼ることなく郷中で簡易水道を整備しました。ビニールハウス、生活用水、水洗トイレから畑の水までを補う、豊かな「水」が、現在の石川を支えています。

 さらに集落の山には、現在の郷中メンバーが子供時代から植林しているという木々が育ちつつあります。郷民が安心して生活しやすい環境を整えるための活動を、郷中は常に心がけています。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報