本文へスキップ

語りを聞く

「粕毛 はなの民泊通り」農家民宿の取組

画像:「粕毛 はなの民泊通り」農家民宿の取組

  もうひとつのふるさと。ようこそ、粕毛の農家民宿へ! 

 藤里町粕毛(かすげ)地域には、第2のふるさとを感じさせる農家民宿があります。

 令和3(2021)年現在、粕毛地域にはそれぞれの家庭の色が出た個性的な農家民宿が6軒あり、老若男女が幅広く宿泊しています。宿泊層は、県内外だけではとどまらず、海外からも利用客が訪れています。また、民宿が建ち並ぶ通りには、色とりどりの花々が美しく咲き誇り、「粕毛 はなの民泊通り」と銘打ち、宿泊客の目を楽しませています。

 農家民宿を始めるきっかけは、住民の特技や特徴をまとめた「人財お宝マップ」でした。平成28(2016)年、秋田大学の学生を中心に秋田の活性化を目指して立ち上げた「ARC(アーク)グループ」が、粕毛地域の家々を訪問し、聞き取り調査を行いました。その情報を基に作成したのが、人財お宝マップです。そのお宝マップを見ながら、住民から「農家民宿ができるんじゃないか」と声が上がったのです。

 同年、東北電力地域づくり支援制度「まちづくり元気塾」の事業を活用し、民泊の先進地へ体験宿泊に行きました。この体験宿泊から、本格的に粕毛地域の民泊事業へ動き始めました。

 平成29(2017)年には、農林水産省の農山漁村振興交付金に採択され、2年間の「農泊推進対策事業」をスタートさせました。継続した活動を目指すため、民泊関連の事業の受け皿として「ふじさと粕毛まちづくり協議会」を立ち上げ、「NPO法人ふじさと元気塾」を主軸とした運営体制を作りました。ふじさと元気塾が予約の窓口などの運営管理を行うことにより、民宿側の住民の負担が軽減され、スムーズな運営ができるようになりました。

 この他、藤里小学校の児童を対象に夏休みと冬休み期間、民泊体験を行っており、これをきっかけに、宿泊した児童が、民宿に遊びに来てくれることもあるそうです。

 また、農家民宿と同時期に、予約制の農家レストラン「南白神の里」を、粕毛地域交流センター内に開設しました。旅行やスポーツクラブの団体客の懇親会などに利用され、地域住民と交流する場にもなっています。

 当初、民宿を運営する住民は「はじめはどんな人が来るのだろう」と不安を感じることもありました。しかし、以前は地域外の人と話をする機会も少なかったため、今では民宿の活動が刺激になって楽しく、生きがいにもつながっています。どんなものを喜んでもらえるか、試行錯誤しながらも、良い経験となっていると言います。

 現在、民宿を運営しているのは若くて70代の方々。若者世代へのバトンタッチを課題としながら、粕毛地域のみならず、藤里町全体の活性化につながることを目指しています。粕毛のふるさとは、皆さんの宿泊を心からお待ちしています。

令和元(2019)年12月掲載
令和3(2021)年3月更新
 
【お問い合わせ】NPO法人ふじさと元気塾(外部リンク)
●電話・FAX:0185-74-6102
●営業時間:午前9時~午後5時
●定休日:土・日・祝日
農家民宿・宿泊予約メールフォーム
農家レストラン「南白神の里」について

粕毛地域の農家民宿および農家レストラン「南白神の里」は事前予約制です。
※アレルギーなどの注意点については事前にお話しください。
※民宿のお風呂はご利用いただけません。近隣の温泉施設をご利用ください。
※歯ブラシ、パジャマ等のアメニティはご持参ください。

【関連リンク】藤里町役場ウェブサイト
藤里町役場の「旅する藤里」紹介ページに、粕毛地域の農家民宿を運営する住民の皆さんのインタビューが掲載されています。ぜひご覧ください。

・農家民宿 桂 → 【 前編 】 【 後編 】
・農家民宿 陶 → 【 前編 】 【 後編 】
・農家民宿 和らぎ荘  → 【 前編 】 【 後編 】
・農家民宿 のっこの家 → 【 前編 】 【 後編 】
・農家民宿 ブナの森  → 【 前編 】 【 後編 】 

【関連リンク】産地直送ブログ
粕毛地域で夏休み♪ 小学生と大学生の民宿交流会(2018年8月掲載)

ページ上部へ戻る