本文へスキップ

語りを聞く

菌床しいたけ栽培農家 田村正和さん

画像:菌床しいたけ栽培農家 田村正和さん

菌床しいたけ栽培と廃ほだを使用した取組

 田村正和さんは、長崎県出身の生粋の九州男児。高校卒業後に首都圏に就職し、結婚を機に八峰町の大久保岱(おおくぼだい)集落に移住しました。当初は秋田の気候が非常に寒く、話す言葉や文化の違いからも苦労しましたが、今では、お酒も鍛えられ、地域に馴染んで楽しく生活しています。
 
 そんな田村さんは、集落唯一の「菌床しいたけ」の栽培をしています。菌床しいたけは、ビニールハウスで栽培し、外気の状況次第では、成長の仕方が異なるという難しさがありますが、一定時間のサイクルで変化させた湿度、温度設定の環境で育てています。
 
 しいたけが大量に成育した日には、お休みのパートさんにもお願いして収穫作業を行う事があるそうです。大きくなりすぎると出荷サイズをオーバーしたり、形が悪くなるため、一日一日が勝負。田村さんのしいたけは、白神のめぐみシールが貼られ、能代山本地域のスーパーなどで販売されています。
 
 また、使用済みの菌床、通称「廃ほだ」を使ったアイデアにも情熱を燃やしています。今のところ、遊びの範囲内ですが、カブトムシの飼育も行っています。「廃ほだ」を餌にして、使用済みの家庭用ユニットバスの中に「廃ほだ」を詰め込んで、その中にカブトムシの幼虫を入れます。「廃ほだ」を掻き分け、カブトムシの幼虫を拝見しましたが、居心地よさそうに体を丸めていました。
 また、山芋や里芋を栽培し、「廃ほだ」は良い堆肥となるので、「これを使用して作った野菜を販売できたら」とも話していました。
平成24(2012)年5月掲載

ページ上部へ戻る