本文へスキップ

風土を楽しむ

がんばリンゴの森

画像:がんばリンゴの森

 -上岩川小学校とともに続く子どもたちの物語-

 
2009年3月、131年間の歴史に幕を閉じた旧上岩川小学校。
子供たちの学び舎として務めを終えたように見えますが、まだまだ子供や大人たちの集まる上岩川地域のコミュニティ集いの場です。
小学校の体育館横から広がる公園のような憩いの空間。これは先生と子供たちのアイディアを、地域の皆さんと共に作り上げた『がんばリンゴの森』です。森の入り口で出迎えてくれる可愛らしいキャラクターは、その名も『がんばリンゴ』。これは学習キャラクター12人衆の中の1人です。

「子供たちが森の設計のために作ったジオラマが校舎に残っています。行事の際には校舎を開放しているので、ぜひ見ていってください」。そう語る工藤誠志さんは地元住民で組織する『がんばリンゴの会』会長を務めています。会では琴丘小学校上岩川地区子供会と協力し、『がんばリンゴの森』の管理の他、『雪中ジャンボカルタ大会』を行い、秋の収穫祭では、房住里の会も加わり、朝市、バザーなどを出店することもできました。

 「房住里の会、子供会、がんばリンゴの会、地域の人々それぞれが役割を作りながら行事をやっていきたいですね」。

校庭で毎年行われているジャンボカルタ取大会
 
 小学校は閉校になっても住民の宝として一部だけでも残したい、そんな住民たちの思いが子供たちと共に作り上げたがんばリンゴの森。閉校後も、がんばリンゴの会では、森で収穫祭を開催。地元のきりたんぽ、だまこ鍋を持ち寄り、子供たちの笑い声が森に響き渡りました。「来年も続けていきたい」。そう工藤さんは語ります。
 地域の人々は、校舎と体育館の活用方法を模索しています。校舎内に残されている『思い出アルバム展示室』は、卒業生の思い出と校舎への感謝が詰まった部屋となっています。人々に愛されてきた校舎とがんばリンゴの森を一目見にきてみませんか?学習キャラクター12人衆が出迎えてくれます!

校舎内に残る「思い出アルバム展示室」

 

2010年4月掲載

ページ上部へ戻る