本文へスキップ

風土を楽しむ

子供みこし祭り

画像:子供みこし祭り

  5月5日のこどもの日、三種町・内鯉川地域で、子供の健やかな成長を願い「子供みこし祭り」が行われます。このお祭りは平成3年(1991年)から行われていましたが、少子化により地域の小学生が1~2人となってしまい、参加者が減少したため、平成16年(2004年)を最後に中断していました。

 しかし近年、地元に就職する若者や、Uターンで地元に戻る住民が増えたことで小学生が10人近くに増え、地域内でも祭りを復活させる気運が高まり、平成27年(2015年)、11年ぶりに子供みこし祭りが復活しました。
 
 お祭り当日は、青や赤の半被を着た子供たちが、「ワッショイ、ワッショイ」と声をあげながら、保護者と一緒に地域内を練り歩き、沿道で声援を送る住民に元気な姿を披露します。大型連休に帰省中の子供も参加するなど、地域を挙げて子供みこし祭りを盛り上げています。
2017年3月31日掲載
【関連リンク】産地直送ブログ

ページ上部へ戻る