本文へスキップ

名産を買う

石川そば

画像:石川そば

 石川地域では、江戸時代からそばの栽培が盛んでした。各家庭で年越しそばが作られていました。昔は竹原神社祭典の参拝客に振る舞うこともあったと言います。現在も製麺業の看板を掲げる家もあり、石川地域は「蕎麦の里」として知られています。

 一番の特徴は、そば粉のつなぎに豆乳を使っていることです。これにより、石川そばを啜ると、ほんのりとした甘みが感じられます。豆乳を用いるのは昔ながらの製法ですが、全国的にも珍しい製法とのことです。

 石川そばは、道の駅「みねはま」のレストランで味わうことができます。隣の産直「おらほの館」では、茹でた石川そばやソバ粉の購入も可能。懐かしい石川の味は道の駅「みねはま」でお楽しみください。

平成23(2011)年4月掲載
令和2(2020)年12月更新

【お問い合わせ】道の駅みねはま
●住所:八峰町峰浜沼田字ホンコ谷地147-6
●産直おらほの館:電話:0185-76-4649
●道のレストランはっぽう:電話:0185-76-4455

ページ上部へ戻る