本文へスキップ

名産を買う

北限のお茶「檜山茶」

画像:北限のお茶「檜山茶」

 能代市・檜山地域では古くから「檜山茶」の栽培が行われており、製茶を行っている地域としては北限と言われています。檜山茶の起源は江戸時代中期まで遡ります。

檜山地域に城館を構え、能代山本地方を治めていた多賀谷氏の6代目、峰経(みねつね)が、享保15年(1730年)に京都の宇治から持ち帰らせた茶の実を育てたのが始まりです。
 その後「天保の大飢饉」が起こり、天保10年(1839年)に多賀谷家の家老、石川官太夫が伊勢神宮を詣でた際、宇治から茶の種と製法を受け、家臣に内職として勧めたことから栽培が広がりました。最盛期には200戸で栽培が行われ、作付面積は10ヘクタールにも及びました。
 現在の檜山茶の栽培を行っている農家は数軒となっており、希少なお茶となっています。有志でつくる檜山茶保存会は、6月中旬に檜山崇徳館(そうとくかん)で「檜山茶フェスティバル(主催:檜山茶保存会)」を開催しているほか、冬期間に3回「お茶手揉み体験」も開催し、一般の方にお茶に親しんでもらうイベントを開催しています。また、地域内で長年、和菓子づくりを行ってきた「茶誠堂」では檜山茶を使った「茶ようかん」や「檜山納豆ようかん」も販売しています。
 
2017年6月30日掲載
 
【お問い合わせ】
●茶誠堂(電話:0185-58-5021 店舗:〒016-9151能代市檜山霧山下92-1)
●元祖檜山茶大髙園(電話:090-9084-5306)
 
※「檜山茶フェスティバル」と「お茶手揉み体験」については「檜山崇徳館(0185-58-3101)」にお問い合わせください。

【関連リンク】産地直送ブログ
檜山茶手揉み体験・夏の陣リポート(2019年6月掲載)
檜山茶フェスティバルが開催されました!(2017年6月掲載)
→「北限のお茶」こと檜山茶の製茶作業が始まりました!(2017年6月掲載)
 

ページ上部へ戻る