本文へスキップ

食を楽しむ

ぜんまいの竿煮

画像:ぜんまいの竿煮

 -農作業に便利な石川のお弁当-

 山の恵が豊富な石川では、春先に採れたわらびやぜんまいを乾燥させ、煮物にした「竿煮(さおに)」が、農家のお弁当として大活躍します。

 わらびやぜんまいを切らずに一本の「竿」のような長さのまま食べることから、この名で呼ばれているそうです。忙しい農作業の時期に手軽に食べられるため、農家で重宝されています。

 竿煮は、旬の時期に採った山菜を塩漬けしたり乾燥したりして、いつでも食べられるよう工夫した農家の保存食といったところです。冠婚葬祭の場でも、頻繁に登場する石川の郷土料理です。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る