本文へスキップ

歴史を知る

素波里神社と不動の滝

画像:素波里神社と不動の滝

 高さ58.5mの素波里ダム堤体、そのすぐ下に立派な鳥居があるのが見えます。鳥居をくぐってその先に進むと、「素波里神社」と「不動の滝」が見えてきます。

 米田地域の方々のほとんどの人が氏子となっている素波里神社は、口伝によると慈覚大使が不動明王を祀ったのが始まりといいます。今も、日曜日になると氏子の当番さんたちが日中いっぱい神社に常駐するという、篤い信仰を感じさせる神社です。神社内には大きな提灯がいくつも奉納されています。
 
 素波里神社の祭神「不動明王」は気性が激しく、参拝の際には滝浴びを行い、身体を清めました。このことから、「不動の滝」もしくは「素波里不動滝」とも呼ばれています。
 
 また、滝口周辺が、お酒を注ぐ銚子のように見えることから「銚子の滝」滝の裏から見るのも素晴らしいので「裏見の滝」と、様々な呼び名があります。菅江真澄もこの滝を訪れ、歌を残しています。
 
 最後にちょっと面白いものを見つけたのでご紹介! あの強豪能代工高のバスケットボール部監督が、勝利を記念して献納を行った石碑が残っています。立派な手水鉢が寄進され、境内の入り口に置かれています。

 

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報