本文へスキップ

歴史を知る

竹原神社

画像:竹原神社

地域のよりどころ

 石川地域の中心部から、県道63号線で南東に向かい、ひとつ谷を挟んで隣の丘陵地に入ると、広大な畑が広がっています。「竹原神社」は、その奥、静かな木立の中に佇んでいます。

 天保元年(1829年)創建の「竹原神社」は、昭和8年(1933年)に建て替えられ、現在の社殿になりました。この神社、一見してわかるのは社殿の四方に壁が無いこと、普通の神社から四方の壁を無くした珍しい造りです。

 こうした形になったのには、やはり理由がありました。

 この神社に祀られている馬頭観音は、牛や馬の神様です。各地から集まった馬主たちが馬を見せ合い、馬について語り合ったと言います。集まった馬がどこからでも見えるように壁が取り払われた構造となっています。

 かつては、旧暦7月19日にお祭りが行われましたが、近隣の村々では「石川の19日」で通用しました。出店も多く、たくさんの参拝者で賑わい、はるか五城目町からもお参りに訪れたそうです。

 この神社に奉納されていた踊りこそが、石川駒踊り、石川奴踊りでした。そのほかにも、奉納相撲、石川番楽など、様々な芸能が奉納されたと伝えられています。

 しかし、馬が農耕・輸送などから姿を消す中、神社もまた静けさに包まれていきます。しかし、伝統芸能は形を変えて残っていきました。地域を焼き尽くした石川の大火の後、わずか3年で伝統芸能が復活したとのこと。その熱意からも、地域のみなさんが、「竹原神社」がいかに大切にしてきたかを感じることができます。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報