本文へスキップ

歴史を知る

大沢地域の盆踊り

画像:大沢地域の盆踊り

 8月14日の夕方になると、「けやきの館」前の広場にたくさんの人が集まります。

 かつては大沢地域のメインストリートで行われていた盆踊りですが、けやきの館完成と共に、館前の広場で行われるようになりました。

 PTAの皆さんが屋台や輪投げコーナーを設置し、子どもたちが毎年楽しみにしています。中央には、間伐材を利用した立派な櫓(やぐら)が組まれ、櫓を中心に地域の皆さんが輪を作って思い思いに踊ります。

 大沢地域の盆踊りは先祖の霊を慰めて、豊年を祈るものとされ、江戸時代後期に始まったとされています。

 大沢地域では、「甚句おどり」「なっと節」と呼ばれる盆踊りの歌と踊りが受け継がれています。秋田民俗芸能アーカイブス(外部リンク)によると、鹿角市の毛間内(けまない)から伝わったとも言われ、手の動きの共通性があるそうです。

 「甚句おどり」は、だじゃれを混ぜつつ、恋やことわざ、お盆のうれしさを唄っています。

 一方「なっとぶし」は、歌詞の前半は明治時代の小説「不如帰(ほととぎす)」の悲恋のストーリーを語り、後半は社会に対する風刺となっています。
その他に、藤里町で良く踊られる「白神音頭」も踊られています。

 盆踊りを楽しみにして、この日のために地域に帰ってくる人もたくさんいて、地域の絆を強めるためにも、盆踊りは一役買っているのです。

2014年5月9日掲載

 産地直送ブログや、民俗芸能アーカイブスでも紹介しておりますので、是非ご覧下さい。
初登場! 藤里町・大沢地域の「盆踊り」に行ってきました!(2013年9月掲載)
民俗芸能アーカイブス:大沢自治会大沢地区盆踊り

■参考資料
『藤里町史』
秋田民俗芸能アーカイブス「大沢自治会大沢地区盆踊り」(外部リンク) 

ページ上部へ戻る

山本の関連情報