本文へスキップ

歴史を知る

本館の茅葺き民家

画像:本館の茅葺き民家

-ドキュメント映画「白神の夢」のメインロケ地となった農家-

白神山地のユネスコ世界遺産登録10周年を記念して、八峰町(撮影当時は「八森町」)を舞台にドキュメンタリー映画「白神の夢」が撮影されました。本館集落は主要なロケ地の一つとして取り上げられ、集落中央の茅葺き民家は地域の農村文化のシンボル的な存在として取り上げられました。2001年6月にクランクイン、1年8カ月の撮影期間を経て、2003年2月に完成しました。あるがままの自然を残す白神山地と、近辺に暮らす住民たちとの関わりを描いたこの作品を是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報