本文へスキップ

歴史を知る

本館地域と菅江真澄

画像:本館地域と菅江真澄

 享和元(1801)年11月、紀行家・菅江真澄は津軽領(青森県)から日本海沿いに藩境を越え、現在の八峰町に入っています。16年ぶりの秋田は、はたはた漁の季節でした。

 三河国(愛知県)出身の真澄には、北国の魚が珍しかったのでしょうか。5種類に分けられるというはたはたの特徴や、4つの漁法、販路についてまでも詳細に書き留めています。また、6枚のスケッチを残しました。

 「あれにあれたる」海の上、小さな舟を巧みに操る漁師たちの姿や、それを岩場で見守る大勢の男女が、波に体を濡らしながらも「かなたよ、こなたよ」と、魚群の動きを手振りで伝える様子が、臨場感を伴って描かれています。

 秋田音頭は江戸時代にまとまったともされていますが、「ぶりこを捕る浦乙女」の図絵には、興味深い言葉が添えられていました。この場で聴いたものか、“八森はたはた”や“雄鹿(おが)ぶりこ”という文句が使われているとして、歌の地口がすでに存在していたことを示しています。

 この後、文化3(1806)年にも再訪した真澄は、さらにその翌年、八森への3度目となる旅で、元館(本館)に向かいました。

 地名の“いわれ”だという、大母爺杜・小母爺杜・狐杜・小糠杜・大糠杜・祖神杜・佐々杜・種津杜の8つの杜(もり)を挙げ、白瀑の前では、松源院と白瀑神社の由来を述べています。真澄はこの時、滝の上の薬師山に登り、サクラスミレを見つけて写し取りました(『無題雑葉集』)。

 2日後、桜が咲き始めた元館に、今度は大人数で花見に出かけています。この地で滅びた武田重右衛門(武田重左衛門)を偲び、その帰りには、菩提寺である松源院に立ち寄りました。重右衛門の位牌を眺め、涙を流しています。春めいた城跡から間もなく、実感した城主の悲劇に胸がつまったものかもしれません。

菅江真澄が描いた「ブリコを取る浦乙女」の図

菅江真澄が描いた「はたはた漁」の図

2010年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報