本文へスキップ

歴史を知る

手這坂(てはいざか)と菅江真澄(すがえますみ)

画像:手這坂(てはいざか)と菅江真澄(すがえますみ)

 秋田の紀行家として知られる菅江真澄が、江戸時代後期の文化4年(1807年)、54歳の頃に、大久保岱集落を通って手這坂へ訪れたことが、真澄遊覧記の『雄賀良能多奇(おがらのたき)』に記されています。 

 その当時、真澄は集落の村長と語り合った中で、大久保岱に「宇治」という姓が多かったのは「山城の国宇治(現在の京都府宇治市)の人が昔世を忍び、大久保岱集落へ田んぼを墾いて住み、その末裔が宇治姓を名乗っているから」という話を聞いたようです。
 
 それから当時は木橋だったとされる水沢川に架かる蝙蝠淵橋(こうもりぶちばし)を渡り、同年4月9日、手這坂へと到着しました。手這坂は4、5軒の家からなる集落で、真澄は集落に咲き乱れる桃の花の様子を見て、「桃源郷のようだ」と感動の言葉を残しています。
 手這坂にある案内看板によると、真澄は「ここに誰 世々咲く桃に かくろくひて おくゆかしけに 栖(す)めるひと村」と和歌を残しており、「坂の上から集落を眺めると、昔、仙人が山の奥深く清流の岸辺に庵を結び隠れ住んだという中国の桃源郷のように思われ、この和歌を詠んだ。」と書かれています。
 
 手這坂は、真澄が描いた原風景が残る場所としても希少な場所とされており、春になると手這坂の桃の花を楽しみに、遠方からも観光客が訪れます。
 約200年前の絵図とほとんど変わらない手這坂の風景は、時代を越え、今でも当時の集落の息吹を感じることができることでしょう。
 
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報