本文へスキップ

名物に触れる

廃食油のロウソク作り

画像:廃食油のロウソク作り

 毎年、2月上旬、能代市上町を会場に開催する「のしろまち灯り」に使用するロウソクは、イベント開始時は200本ほどでしたが、平成27年には800本使用するようになりました。

 このロウソクは、幼稚園児や小学生、能代養護学校の児童の皆さんも一緒に制作しています。使用済みとなったロウソクや、食用油を再利用した「廃食油」を使ってのロウソク作りは、「のしろまち灯り」の準備作業だけでなく、子供たちの環境教育・木育も兼ねて行われています。

平成27(2015)年4月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
目指せ1000個の灯りアート♪「まち灯り」のろうそく作り(2019年1月掲載)
「のしろまち灯り」の準備、着々と進んでます♪ (2015年2月掲載)

【関連リンク】元気ムラ応援サイト
のしろまち灯り  

ページ上部へ戻る