本文へスキップ

名物に触れる

これぞ大沢の力! 大沢の運動会

画像:これぞ大沢の力! 大沢の運動会

 地域ごとの運動会は様々な場所で行われていますが、大沢地域の運動会はひと味違います。

藤里町の人が「大沢の運動会は違う」と声をそろえて言うのは、その盛り上がりです。元々盛り上がるのが大好きな大沢地域の皆さんの力で、運動会は毎年9月の第3日曜日に、賑やかに行われます。 

競技は地域を大きく4つに分け、「上町(かみまち)」「中町(なかまち)」「下モ町(しもまち)」「東坂(とうざか)&館の下(たてのした)」の4チーム対抗で行われます。さらに年齢ごとの区分を作り、競争するなど皆が楽しめるように工夫しています。

 競技内容は縄綯いやコーラ早飲みなど、おなじみのものが並びますが、そこは大沢地域、中身は一筋縄ではいきません。出走する度に何かしらハプニングが起きたり、走者がコーラの新たな飲み方を披露して笑いを取りに走ったり、軽妙な司会がそれをさらに盛り上げます。この盛り上がりは、まるで高校の体育祭を見ているようです。

 競技が終わった後のお楽しみは、大釜を用意して前日から準備された「なんこ鍋」をはじめ、豚汁など各チーム自慢の焼きそば、ソーセージなどの鉄板料理、さらにお母さんたちが腕によりを掛けた重箱料理といった沢山のごちそうです。

 さらに、プログラムの端に書かれた番号による「大抽選会」が行われ、外れなしの大盤振る舞いで、タイヤからトイレットペーパーまで様々な物が当たります。また、当たった者同士での物々交換も運動会の名物、それぞれが欲しい物を手に入れて帰路につきます。

 子供たちから高齢者まで、繋がりを大事にして欲しいと願って続いている運動会、藤里幼稚園からは、必ず大沢地域の子供たちが参加します。地域と子供たちの繋がりは、幼稚園と地域が連携し、今も続けられています。

2014年5月9日掲載

【産地直送ブログ】
地域の心を繋ぐ、藤里町・大沢の「大運動会」!(2013年10月掲載)

 

ページ上部へ戻る