本文へスキップ

産地直送ブログ

味噌焼きたんぽの美味しい季節 ~16年続く若畑紅葉祭り~

2011年10月17日

111009_若畑の人々(1)111009_若畑の人々(2)111009_若畑の人々(3)111009_若畑の人々(4)111009_若畑の人々(5)111009_若畑の人々(7)111009_若畑の人々(8)111009_若畑の人々(9)111009_若畑の人々(10)若畑の人々(11)若畑の人々(12)若畑の人々(14)

写真は、湯沢市・若畑にお住まいのみなさんです~。
スマイル集を作ってみました!
毎年10月の第二日曜日は、「若畑紅葉祭り」の日!
昨年に引き続き、若畑紅葉祭りの様子をリポートします~!


111009_秋の若畑
秋の若畑集落です。
田圃の様子を見ると、稲刈りは順調のようです。ススキもいい感じに生い茂り、
あとは山々が紅葉すれば、ばっちりですね。

●若畑への道
111009_若畑への道(1)111009_若畑への道(2)111009_若畑への道(4)

若畑へのルートは、湯沢市街地から、国道398号線小安峡方面へ進みます。
紅葉祭りの日には、毎年、看板が出ているので、目印になります。
本当にこの先に、村があるのかな~」と不安にかられるころになると、
ちゃんと「若畑まで5キロ」と書かれた看板が出てくるので、道に迷うことはありませんよ~。

111009_画像 349

若畑へ続く道の途中から見える、桜坂の風景もお忘れなく!

●若畑紅葉祭り
111009_紅葉祭り(3)111009_紅葉祭り

さて、今年の紅葉祭りは、見事な晴天に恵まれました。
昨年と見比べると、地域のみなさんの服装から、今年の好天がよくわかります。
気持ちいい青空でした!。
紅葉祭りは、若畑の名物や特産品などを味わえるお祭りです。
10戸33人という、小さな集落のみなさんが、手作りの品々を出店しています。

●味噌焼きたんぽ
若畑といえば味噌やきたんぽ

若畑といえば、味噌焼きたんぽ
紅葉祭りといえば、この味噌焼きたんぽです!
このイベントに来たら、ぜひ、この若畑の一品を味わってみてください。

秋田大学生(1) 秋田大学生

若畑の味噌焼きたんぽは、炊きたてのお米を、
お母さんたちが握って、たんぽにし、炭火焼きでほどよく焼きます。
この作業、汗だくになって結構大変なんです。

秋田大学の学生さん

そして、じっくり焼き上げたたんぽに味噌を塗ります。
この味噌が若畑のこだわり、若畑の家々に代々伝わる秘伝の自家製味噌なのです。

秋田大学生(2)

味噌を塗ったたんぽを、さらに焼きあげると出来あがりです。
秋田大学の学生さんは、「ここの味噌焼きたんぽは格別!」と太鼓判おしてくれました。

ちなみに、写真に写っている若者は、秋田大学の石沢ゼミの学生さんたちです。
昨年に引き続き、6人の若者がお手伝いにきてくれました。
朝6時に秋田市を出発して、応援にかけつけてくれたんですよ。頼もしい!!!

●山の幸の販売コーナー

販売しているもの(1)販売しているもの(2)
販売しているもの(3)111009_直売の様子

原木なめこに、なんだこりゃ~!と思わず叫んだ山の幸・ヌキウチ!
鮮やかなほおずきの他、新鮮や野菜を販売しています。
若畑名物「かゆもち」も、売ってましたよ~。

●軽食コーナー
軽食コーナー_いものこ汁軽食コーナー_イワナの塩焼き軽食コーナー_きのこ汁

こちらは軽食コーナーの一品。
白くみえる湯気が見えますか~?ほっかほっかの、「いものこ汁」です!
イワナの塩焼き」は、味噌焼きたんぽと一緒に、この紅葉祭りの名物のひとつ。
そして、見事な大きさの「きのこ汁」も、山里、若畑ならではです。

111009_お漬物フルコース(1)111009_お漬物フルコース(2)

さらに、軽食コーナーでは、お漬物が自由に食べられます。
茄子漬け、チョロギ、いぶり大根の松前漬……
若畑のお漬物はとっても上品です。

●若畑ジオサイトツアー
111009 板戸沼1111009 板戸沼2
111009 ジオパーク見学会(1)111009 ジオパーク見学会(2)

この日は、湯沢市主催のジオサイトツアーも、若畑を会場に開催されました。
若畑を取り囲む、奥宮山兜山といった山々は、
約30万年前の火砕流堆積物などからできているそうです。

写真の板戸沼は、環境アセスメント日本の調査で、自然度全国第2位にもなっており、
今も多様な植物や生物が生育しています。
ツア-に参加された方も、多様な若畑を取り囲む自然環境に驚かれた様でした。

湯沢市のジオパーク推進協議会のブログもありますので、ぜひご覧ください。

●16年続く若畑紅葉祭り
紅葉祭りのワンショット

さて、毎年10月の第二日曜日に開催している、このイベントも今年で16年目を迎えました。
今年もがんばってるな~」と声をかけるお客さんの姿も見られます。

紅葉祭りは、若畑に住む人々だけでなく、
お嫁にいき集落を出た人や、地域外に住む親せきの人々もお手伝いにきています。

そして今年は、昨年お手伝いに来た秋田大学の学生さんが、
自発的に佐藤秀男部落長さんに電話して、今年も参加してくれました。
部落長さん、この件を、とっても嬉しそうに話していたのが印象的です。

111009_若畑紅葉祭り

「遠くの人たちにも、もっと来てもらいたい」と、部落長さんは話します。
この日は、須川高原の紅葉を見たあと、若畑に立ち寄るお客さんもいらっしゃいました。
ここにくれば、美味しい食べ物と一緒に、あたたかい笑顔に出あうことができますよ。

111009_一本道に車が連なる

この一本道を、車が埋め尽くす風景を、毎年見たいです。

10月22日から2日間、湯沢市を舞台に行われる、
あきた農山村・旬感ツアーには、この若畑に立ち寄るツアーもありますよ。
若畑からは、小安峡も近いので、ぜひ、この小さな村に、一度足を運んでみてください。

以上、若畑から紅葉祭りのリポートでした!

Author: | Category:11雄勝エリア, 若畑地域


カレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど