本文へスキップ

産地直送ブログ

地域の祈りが秋空に、秋分祖霊祭が松館で行われました!

2011年9月27日

大きな数珠をジャラジャラと回す「百万遍念仏」。
各地で春と秋のお彼岸に行われる行事です。

 ねんぶつ

ここ、松館では神式で行われるのが珍しい!

IMG_2878

9月24日、午前11時、センターにおばあちゃんたちが集合してきます!

準備中

センター内では、「宿」と呼ばれる今年の当番の家の方が、直会の準備などを行っています。
以前は彼岸の最終日に行っていましたが、現在は「しまい彼岸」の日、
つまり取材班がお邪魔した日を彼岸の一週間のうち、集まりやすい日に決めて、
その日から逆算して一週間、集落内を鐘をたたき、数珠をもって回るんだそうです。

鐘 数珠!

最終日の今日はみんなで回ります。
鐘をつく宿の方以外はみんな女性!

おがむ

松館天満宮の神職の方のお話によると、
元々、秋分を祝うのは、神道や仏教などという宗教的な区別ができる
はるか以前からの日本の伝統だったそうです。

それに百万遍念仏などの要素が混じっていったのではないかということでした。
お墓参りをして先祖の霊を慰めるのと同じ意味を持つそうです。

それが、明治初めの神仏分離の際に、地域ごとに仏教の強い所、神道の強い所で
分かれて行ったんじゃないかということでした。

移動中

カーン! カーン! と鐘をつきながら集落を回っていきます。

数珠を回します

十字路T字路ごとに、数珠をじゃらじゃらと回していきます。
大きなこぶに来るたびにちょっと数珠を掲げて顔の前にもっていきます。

最初は数人でしたが……。

増えてきて

だんだん人が増えて……。

子どもたちも

子どもたちも加わって、

「運動会ではやぐ走れるようになー」「頭っこいぐなるようになー」
と声かけしているおばあちゃんたちがすごーくあったかかったです。

みんなでジャラジャラ

最後の方は大人数でジャラジャラと。

神事

センターに帰ってきてからは神事を行います。
直会の時には、地元の料理について詳細な資料まで戴いてしまいましたっ!

三ノ岱

頑張って記事に出来ればと思います!

Author: | Category:04鹿角エリア, 松館地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど