本文へスキップ

産地直送ブログ

古くから守り伝える信仰「赤田大仏祭り」

2011年8月31日

御御輿

由利本荘市・赤田地域の「赤田の大仏祭り」
こちらのお祭りは、今年で201年祭を迎え、秋田県の無形民俗文化財にも指定されている大きなお祭りです。
赤田の大仏祭りは、なんと!201年間一度も中止したことがないそうなんです!

赤田の大仏祭りは、21日が宵宮、22日が本祭となっており、
21日は長谷寺(ちょうこくじ)から観音様の「分身」であるご神体を赤田神明社へお連れして、
観音様は一晩、赤田神明社へ泊まります。
後22日には約230人もの大行列を作り、赤田神明社と長谷寺との間を練り歩きます。

赤田の大仏祭りは、お寺と神明社とが一緒になって行う「神仏混合」の全国でも珍しいお祭りなんですよ~!

21日の宵宮は、12時頃からお祭りの準備や、当番の方々からの和尚様への挨拶を行い、
ご神体(観音様)、御鏡(おんかがみ)、御守札(おんしゅさつ)、御刀(おんかたな)
それぞれの当番の方が持ち、赤田神明社へと観音様をお連れします。

ご神体 御鏡 御守札

赤田神明社

13時30分頃には赤田神明社へ着き、神主さんの祈祷、巫女さんの「神舞(かんにゃ)」と呼ばれる神楽を奉納します。

祈祷 神舞

和尚様 経を読み上げます

その後、和尚様からの経の奉納があり、21日の宵宮は終了します。

そして、22日。本祭当日!
この日の赤田地域は観光客でいっぱいになります!!
大行列が通る赤い橋の上には、既に何人ものカメラマンが待機しています。

大行列には赤田町内全ての方々が参列し、
隣の地区の北福田(きたふくだ)、岩谷、内越(うてつ)、山田、柴野地区からも参列者が集まります。

法螺貝の音とともに、いよいよ行列が始まりました!
ご覧ください!こちらが赤田の大仏祭りの大行列です!

歩き始めた大行列

大太鼓

カラフルな旗とともに大行列

行列の役割にはそれぞれ名称があり、先頭を「先警護」という役割の方々が歩き、その後ろを
大太鼓、区を4神(青龍、白虎、朱雀、玄武)に表した鉾を持った方々、そして赤田獅子舞などの行列が続きます。

つやつやの真っ赤な橋を渡る行列は、見る者を圧倒します。
その橋の真ん中では、獅子舞社切(しゃぎり)などの踊りが披露されます。

赤田獅子舞

こちらが獅子舞の中で、一番最初に橋を渡る「赤田獅子舞」

柴野獅子舞

そして、「柴野獅子舞」

平岡獅子踊り

こちらは、「平岡獅子踊り」と言い、3匹の獅子が跳び跳ね、舞い踊ります。
軽快な音楽と、交互に飛び交う獅子踊りは、まるで獅子が戯れているかのようです!

山田獅子舞

そして、「山田獅子舞」

一度にこれほどの獅子舞を見るのは初めてで、ドキドキワクワク♪
それぞれ獅子頭や舞に違いがあり、ついつい違いを探すのが楽しくなってしまう取材班でした。

御御輿!和尚様

御輿の後に、御僧方(和尚様)が続き・・・

北福田の社切

その後に続くのは、北福田地区の社切です!
陽気な踊りと演者の方々の声が笑いを誘います。

激しい踊りです

楽しい掛け合いが続きます

「ほれ、ほれ、頑張れ!頑張れ!」
「よいしょ、よいしょ」

と、跳び跳ね踊りながら声を掛け合います!
踊りの途中、こんな一コマも。

疲れた~ 元気をチャージ♪

「おれ、疲れた~」
「疲れたってか!大丈夫か!ほれ、もうちょっと頑張れ!」

岩谷獅子舞

その後を岩谷獅子舞が続き・・・

園児行列

保育園の園児行列です~!法被姿が可愛いですね~っ♪

赤田の社切

赤田の社切

こちらは、赤田の社切です!
笛と太鼓と鐘、そして花ふりが華やかです。
ひょっとこのお面をつけて踊るのは、北福田の社切だけなんだそうです。

赤田の大仏祭りは、かの名僧・是山和尚が長谷寺に赤田の大仏を造った後に行われるようになったお祭りで、この大行列の獅子舞や社切は全て是山和尚が伝えたものとされているそうですが、赤田の社切と北福田の社切の違いがなぜうまれたのかは謎とのこと。

この後、行列は長谷寺の周りを時計回りに3周します!

長谷寺を3周します長谷寺を周る大行列

3周目を回り終えると、長谷寺の前でそれぞれ舞や踊りが奉納されます!

赤田獅子舞

柴野獅子舞 平岡獅子踊り

山田獅子舞 岩谷獅子舞

北福田の社切 赤田の社切

御御輿が長谷寺の中へ!

3周目を周り終えると、御御輿は長谷寺の中へ。
こうして、観音様が長谷寺へとお戻りになられます。

行列が周る3周の間には、行列の演者の方々と観客の方とのふれあいがありました。

ご利益を!

社切の方と

201年もの歴史がある「赤田の大仏祭り」は、地域の方々、そして近辺の地区の方々の
守り伝えていく力、そして信仰の力によって伝わってきました。
そんな地域の方々の力になるのは、きっとお祭りを見に来る方々の笑顔や喜ぶ姿なのでしょう。

古くからの伝統と信仰を守り伝え、ずっと続いてきた「赤田の大仏祭り」の中には
201回分の人々の温かさが、確かに息づいていました。

Author: | Category:08由利エリア, 赤田地域


カレンダー
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど