本文へスキップ

産地直送ブログ

八木沢分校で「地域おこし協力隊員」の2人に聞く

2010年6月14日

本日の八木沢分校の日直は、ますもとくんです!
2月のままの黒板

※隊員の2人は、忙しい毎日をおくっています。「2月」のままなのは見ないふり。

この二人がいるから

5月は新聞で2人の活動が紹介されたり、八木沢番楽の練習開始に、山菜採りの監視…
と~っても忙しかった地域おこし協力隊員・桝本杉人さんと水原聡一郎さん。

意見交換会

秋田県内で、その存在がピックアップされることが多くなってきましたね。
この日は秋田市の有志が「2人を応援したい!」ということで八木沢分校を訪れ、
意見交換会が行われました。

なぜ協力隊員を志したのか?なぜ八木沢にきたのか?と皆さん、隊員への興味がつきない様子。
「八木沢にきて価値観は変わったか?」の問いに
水原さん

「もともと持っていた価値観がさらに強くなった」という水原さん。
水が出なくなったおばあさん宅の水道管の破裂を、2人で見つけた時のことを思い出しながら
「人と人との暖かみを強く感じました」と、話してくれました。

同じ問いに「う~ん特に変わらない」と答えたのは、先輩・桝本さん。
動じない人間性は、山で培われたものかもしれません。※桝本さんは山の男です。
桝本さん

八木沢の人々は北秋田市の根子(ねっこ)から移動してきたと言われています。
八木沢のルーツを探っている桝本さんは、今では歩く人が皆無となった、
徒歩片道3時間の根子・八木沢ルートを自分の足で歩いて確かめたくてたまらないそうです。

根子からきた碑文

八木沢集落内にある「私達は根子から来た」ということを記した碑文。
「根子」の文字を確認することができます。

雄大な山々に囲まれ、自然の営みの中で八木沢の人々は暮らしてきました。
この場所にはたくさんの思い出と歴史が詰まっています。
八木沢番楽に、根子と八木沢を結ぶルート…
埋もれかけている地域の宝を、じっくり掘り起こしている隊員のお2人でした。

集落をバックに

後ろに広がる田んぼは、今年2人が初めて「田植え」を行った田んぼ。
※しかし、水原さんの腰にかけてる入れ物「かっこべ」、かわいいですね。

では最後に世の女性の方々にご報告(?)。水原隊員は甘いジュースがお好みです。
水原さんの好物

八木沢を訪れる際は、炭酸系の甘い飲み物を持参しましょう~。
水原隊員曰く「ぶどうジュースでも作ってみようかな~」

そして桝本隊員が喜ぶものは…
田植えした田圃を後ろに

「通信速度」!

…ですよね?
通信回線が「40kbps」という環境化の八木沢集落。
この数値、どれくらいの速さか分かりますか…?
2人の活動の様子は地域おこし協力隊 隊員ブログ上小阿仁村役場ホームページなどで情報発信されていますが、
ネット上から情報を取得したり、メールを返信するのには、ちょっと不便な速度なのです。

日常生活には不便は感じていないお2人でしたが、情報格差の壁を前に
隊員として八木沢で「何が」できるか可能性をさぐっている桝本さんと水原さんでした。

Author: | Category:05北秋田エリア, 八木沢地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど