本文へスキップ

産地直送ブログ

青年たちが始めた祭りを引き継ぐ「2011夏祭り in よねた」

2011年8月12日

DSC_0039

8月6日の土曜日、取材班は、藤里町・米田(よねた)地域の夏まつりにお邪魔してきました!
夏祭りシーズン真っ盛りのこの季節、米田の熱気を、お届けしたいと思います!

旧米田小学校体育館米田小学校の記念碑

2011夏祭り in 米田」の会場は、土俵のある旧米田小学校体育館。
米田の夏まつりの始まりは、米田小学校の閉校する、さらに前までさかのぼります。

DSC_0090

この地域では、7月28日に素波里神社の祭典が行われており、
米田青年会が主体となり、神社の宵宮に合わせ、盛大な芸能大会が行われていたそうです。
しかし、人口の減少、時代の移り代わりの中で、この芸能大会も途絶えてしました。

DSC_0075地域の子供が通う小学校のブラスバンド
米田婦人部のみなさんDSC_0104

この芸能大会を復活させようと立ち上がったのが、
現在の夏祭りを主催する米田の「有志の会」です。
米田地区活動推進協議会、婦人会など、地域の協力を得て復活した夏祭りは
今では、すっかり米田に定着したイベントとなりました。

藤里町の高山太鼓白神会の方や、藤里小学校の吹奏楽部も参加するなど、
地域外の人々との結びつきも強めています。

米田の人々DSC_0052
DSC_0040DSC_0097

夏祭りを盛り上げる屋台も、地域の人たちによるもの。
焼きそば、おでんに焼きとり。その他、わたあめに、チョコバナナと、
夏まつりの匂いが漂ってきます~。美味しそう~。

DSC_0070ヨーヨー

外では、射的やヨーヨー釣りの屋台に集まる子供たちが、大はしゃぎ。
ちなみに、この「天ノ川」と書かれた灯篭は、米田小学校時代に、
七夕行事で使用していたそうです。

DSC_0106

この灯篭を子供たちがひっぱって歩いたそうですよ~。
米田小学校は閉校しましたが、この灯篭は、年に1回、今も米田を明るく照らしています。

DSC_0092

ん?、屋台の周囲には、↑こんなTシャツを着た人たちが多く見られるようになってきました。
これはひょっとして……

DSC_0122

芸能を楽しむ体育館内の人たちも、どうやらお待ちかねの様子です。
夏祭りのトリを務める……

素波里狢

よさこいチーム・素波里狢の登場です!

素波里狢の演技 その2

大人チームと子供チームが合わせて3回

素波里狢の演技素波里狢の子供チーム

その後、アンコール1回と、計4回、華やかな踊りを披露してくれました!

DSC_0245DSC_0224

今回は、高山太鼓さんとのコラボも見られ、みなさん、拍手喝さいでした!

DSC_0290

米田の夏祭りは、素波里神社時代と比べると、人は少なくなったと言われますが、
今回のお祭りは昨年度よりも、多くの人が参加されています。

エンターテイメントに富んだ根城豊作相撲や、素波里狢さんは、もちろんのこと、
米田の婦人会のみなさんは、普段から老人ホームなどで、踊りを披露しているそうです。
地域の行事を、みんなで協力して支えようとしている」と話す、
地域の女性のコメントが印象的でした。

自ら周囲を盛り上げようとする気質が、この米田の土地に確かに根付いています。

以上、熱気あふれる藤里町・米田地域から、「夏祭り in よねた」のリポートでした!

●おまけ
DSC_0116

あぶとの戦いは、人間が見事に勝利しました。
このような退治方法があったのか!
でも素人に真似はできない(汗)……感服です。

Author: | Category:06山本エリア, 米田地域


カレンダー
2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど