本文へスキップ

産地直送ブログ

羽後町・堀回地域で県無形民俗文化財「仙道番楽」披露!

2018年11月4日

10月28日(日)、羽後町・堀回地域の元西公民館で、
同じ元気ムラの羽後町・仙道地域に伝わる伝統芸能「仙道番楽」が
披露されました! 当日の様子をご紹介します♪

この日は堀回地域で「世代をこえた交流の集い」が開催され、
この中で仙道番楽が披露されました。

仙道番楽は、京都の修験者か、鳥海山の山伏が伝えたともいわれ、
山形の羽黒山の修験者が伝えたという堀回の「元城獅子舞」とは
同じ羽後町でも伝統芸能のルーツが異なるんです。

→県無形民俗文化財「仙道番楽」(元気ムラ応援サイト記事)
白山神社祭典で仙道番楽披露(2016年9月掲載)
ため池の竣工記念式典で仙道番楽披露(2016年6月掲載)

この日は「獅子舞」と「道化三番叟(どうけさんばんそう)」の
2つの演目が演じられました♪

こちらは「獅子舞」。

獅子頭の前で、獅子を招く舞が舞われ……

勇壮な獅子舞。

そして、3人がかりで獅子の幕を張りました。
「ピー」と笛による獅子の「鳴き声」が響きわたり……

獅子の前に置かれたタオルを、獅子が呑み込みました♪
この所作は厄を払う意味があるそうです。

大事な獅子頭を綺麗に整えて獅子舞は終了。
この所作から、演じ手の皆さんの獅子への礼儀を感じますね♪

そして、こちらは「道化三番叟」。
今回、堀回に仙道番楽を招く時、「ぜひ道化三番叟を!」と
お願いしたそうです。とっても人気のある演目なんですね(^^)

道化がユーモラスな所作で会場を笑わせます♪
踊りの途中で疲れてしまい、役員の席に座ってひと休憩する場面も♪

お囃子から「もうちょっと、がんばれ~!」と声がかかり、
会場に戻っていきました(^^)

会場からは手拍子が湧き上がり、仙道番楽保存会の皆さんも
「手拍子がおきたのは初めてだ!」と喜んでいましたよ。

堀回地域から仙道番楽のリポートをお届けしました!

Author: | Category:仙道地域, 堀回地域


カレンダー
2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど