本文へスキップ

産地直送ブログ

秋の西馬音内城跡をめぐる!羽後町・堀回地域の住民交流会♪

2018年11月3日

10月28日(日)、羽後町・堀回地域で、中世の山城・西馬音内城跡の散策と
住民を対象とした「世代をこえた交流のつどい」が開催されました! 
当日の様子をご紹介します♪

堀回地域の旧元西小学校校舎の裏に、
県指定史跡の西馬音内城跡があります。

戦国時代の小野寺氏が治めた山城です。
敷地面積23町歩、西馬音内川と切り立った断崖に守られた天然の要害で
中世の山城としては県内有数のものです。

ガイドは「羽後町ガイドの会」のお二人♪

↓写真をクリックすると拡大表示されます(^^)

戦で亡くなった人を供養した「十三森塚」(写真・左上)
防火用に掘られたと考えられる井戸跡(右上)、愛宕神社跡(左下)、
矢島城主の大井五郎満安が自刃した地(右下)など
小野寺氏ゆかりの史跡が多く残されています。

上の写真は、羽後町の七曲方面を一望できるスポット♪
写真の左に写っている杉も、戦国時代はなかったので、
由利本荘の矢島方面を一望できたようです。
この城を拠点に、小野寺氏が周辺の動きを監視していたそうですよ。

二の丸から本丸へ向かいます。
4年前、堀回コミュニティ推進委員会が参道を整備したので、
とても歩きやすくなりました。整備する前は、住民もめったに登らない山でしたが
今では住民だけでなく、歴史ファンが訪れる回数も増えています。

この参道の整備をきっかけに、堀回コミュニティでは
西馬音内城址に親しんでもらおうと、毎年、秋に散策会を開いています。
2015年・堀回地域 秋の西馬音内城址リポート
2016年・堀回地域 紅葉の大交流集会リポート

今年は「初」の試みとして、堀回に伝わる「元城(もとき)盆踊り」を
本丸の場所で披露しました!

踊りを披露したのは、元城盆踊り保存会の皆さん。

元城盆踊りは、戦に敗れた小野寺氏の家臣の慰霊のために
始めたと言われています。西馬音内城の本丸で盆踊りを踊ることは
堀回コミュニティにとって昔からの夢だったそうです♪

本丸で記念撮影♪

山城散策の後は、元西公民館で昼食会。
お母さんたちが作った“いものこ汁”をいただきました♪

午後からは伝統芸能と音楽競演。披露するのは、羽後町の仙道番楽と、
グループサウンズ「ザ・チャーベンズ」の皆さん♪
会場からは手拍子がおこり、楽しく賑やかな1日となりました♪

集落活動コーディネーターが、堀回地域からお届けしました!

●おまけ

西馬音内城址には、いろんなキノコが生えてました♪
「うまそうなキノコに限って毒キノコだから気を付けないと」と、
地元のお父さんたちが話していました。
この辺りでは「あわっこ」というキノコが採れるそうで、
史跡巡りをしながら、参加者の皆さん、キノコ探しにも夢中でした(^^)

西馬音内城跡の入口には、昭和40年代まで使われていた
雄勝鉄道の車両が保管されていました♪
この日は、散策前に、電車の中でお茶っこサービスが行われましたよ♪

詳しくは元気ムラの記事を見てね(^^)/
幻の鉄道・雄勝線の終着「梺(ふもと)駅」

Author: | Category:堀回地域


カレンダー
2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど