本文へスキップ

産地直送ブログ

勇壮な男たちの行事! 旭岡山神社の梵天奉納!

2018年3月6日

梵天奉納!

2月17日(土)、横手市の旭岡山神社で梵天奉納行事が行われました!

毎年、梵天奉納行事の前日には、梵天の頭飾りの美しさを競う「梵天コンクール」が行われます。

梵天

梵天

奉納の日には、梵天のさがりの部分に「特選」「壱等」といった札がかけられ、賞をもらった梵天たちはどこか誇らしげに見えます。

栄友和会の梵天

写真の梵天は、大屋地域を含む栄地区の有志で作る「栄友和会」が制作したもの。

勇ましい武者梵天

武者と土佐犬の頭飾りを携えた、勇ましい梵天です! 昨年に続き、今年も「特選」に輝きました!

土佐犬

今年は戌年ということで、頭飾りに土佐犬を加えました。
これまで、動物をモチーフとしたことがあまりなかったため、今回の制作の中で最も力を入れたところだそうです。

各地域で制作した頭飾りは、今年度のブレイク芸人や、犬をモチーフとしたものが多くみられましたよ♪

豪華絢爛な梵天

どの梵天も、豪華絢爛です!

奉納行事当日は、かまくら館前から梵天が出発!

梵天

30kgから40kgの梵天を一人で持ち、旭岡山神社まで約3kmの道を歩くのです……!!

原則、一人で持つ梵天

この日の天候は吹雪でした。時折吹き付ける風は、梵天をさらに重く感じさせたのではないでしょうか。

道中、梵天巡行の方たちが、梵天を見に来た子供たちにお菓子を配っていました。

お菓子とわら靴

その足元には伝統のわら靴が。
約300年の歴史がある旭岡山神社の梵天奉納行事。ところどころに歴史の片鱗が見え、そういったところも行事の醍醐味と言えますね。

とうとう旭岡山神社の山門が見えてきました!
山門をくぐる前に、頭飾りを取り外します。

梵天の頭飾りを外す

外した頭飾りは、雪に刺しておきます。カラフルな頭飾りが彩る雪道は壮観ですよ!
山門の前に到着しました。ここが第一の難関。
何が難関かというと……

梵天の押し合い

先に到着した皆さんと押し合うんです!!
「ジョヤサ!」の勇ましい掛け声とともに……

梵天が山門を突破!

突破!!!
山門をくぐった後は、なんと約1kmも歩きます。今度は山道のため、厳しさも倍増します。

そして第二の難関。本殿前の急勾配を上ります!

急勾配を上る!

梵天の重みで重心が後ろに傾くため、梵天を持つ方の背中を支えながら上っていきます。

第二の難関を突破すると、第三の難関、本殿への奉納です。

先に奉納した団体が待つ本殿

いざ!

先に奉納した皆さんが待ち構える本殿へ……

押し合いながらも無事奉納!

地域の皆さんの「家内安全」や「五穀豊穣」などの願いが込められた梵天が、奉納されました!
雪がまとわりつく寒い日でしたが、奉納する皆さんの熱気がカメラ越しにも伝わる一日でした!

熱気伝わる梵天行事

以上、旭岡山神社梵天行事の様子をお届けしました(^^♪

Author: | Category:大屋地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど