本文へスキップ

産地直送ブログ

22年目を迎えた湯沢市・若畑地域の紅葉まつり♪

2017年10月18日

00_2017年の紅葉まつり

10月8日(日)、湯沢市・若畑集落の紅葉まつりに行ってきました!
今年で22年目を迎える小さな村の小さな物産市♪
当日の様子をご紹介します(^^)

01_2017年の桜坂

標高420mの場所に位置する若畑集落からの眺めです。
稲庭、川連方面の町並みと黄色くなった田んぼが見えます。
稲刈りも徐々に進んでいますね。

02_当日は好天に恵まれました

10世帯が暮らす若畑集落で、
毎年10月の第2日曜日に開催されるのが紅葉まつり。

03_おなじみの光景、若畑の1本道に車がずらり

集落の1本道に、お客さんの車がずらりと並ぶのもお馴染みの光景♪
近隣地域からに加え、宮城県から秋田県を訪れる観光客が
ぶらりと立ち寄って、秋の味覚を堪能していきます。

04_メインは味噌焼きたんぽ 05_お父さんたちは魚ときりたんぽ焼き

05_住民の手作り直売市 06_かざりなす、ほおずき

集落会館の隣にテントを張って作った販売スペース。
売り物のメインは「みそ焼きたんぽ」。
ヤマメの塩焼き、いものこ汁に加え、若畑で栽培した野菜や、
飾り用の「ほおずき」「かざりなす」、
今では希少になった干し餅の「かゆもち」など、
全部、住民の皆さんの手作りの物を販売しています。

07_青空レストラン

青空のもと、秋の味覚をいただきます♪
飲食用の机と椅子は、旧奥宮小学校の若畑分校で
住民の皆さんが子供時代に使っていたものですよ(^^)

08_いものこ汁 08_漬物のフルコース

いものこ汁は味噌&豚肉で味付け♪ 「なめこ」が大きい~!!
若畑は「味噌」が美味しいので、「たんぽ」も「いものこ」も味噌なんです。
お母さんたちが作った漬物はお客さんへのサービス♪
持ち寄った漬物を並べると見事なフルコースになりますよ(^^)

09_お母さんたちはきりたんぽ作り

こちらは、みそ焼きたんぽの「たんぽ」づくりの様子。

10きりたんぽ行程00 おにぎり状態 10きりたんぽ行程01 棒にさす 10きりたんぽ行程02 ご飯を伸ばす 10きりたんぽ行程03 形を整える。手の動きに注目

握り飯サイズの白米を、木の棒に「たんぽ」にしていく様子は職人技♪

10きりたんぽ行程05 完成 10きりたんぽ行程06 炭火で素焼きにする

握りたての「たんぽ」は、お父さんたちが炭火で「素焼き」にします。

10きりたんぽ行程07 味噌を塗る 11きりたんぽ行程08 再び炭火で焼く

素焼きした「たんぽ」に味噌を塗り、もう一度、炭火で焼けば完成!

12お母さんたちがきりたんぽをつくる 12_魚を焼くお父さん

お父さん、お母さんたちの息のあったコンビネーションで
美味しい若畑のみそ焼きたんぽは出来上がります(^^)

このみそ焼きたんぽは、湯沢市の皆瀬庁舎で開催する「皆瀬紅葉まつり」や
宮城県の「石巻大漁まつり」でも出品するようになりました。
「普段の暮らしで身についたことしかやってないよ~」と
住民の方は話しますが、22年の積み重ねが、
みそ焼きたんぽの人気にもつながっているように感じます♪

98_紅葉まつりの看板も手作り

そうそう、今年は、写真のような立派な看板も登場していました!
住民の男性が「こういうのがあったほうがいい」と
自分で手書きで作ったそうです~。絵も字も上手ですね♪

00_2017年の紅葉まつり

各自の得意分野を出し合って、若畑の紅葉まつりは続いています。

99_お土産を買う人

集落活動コーディネーターが、若畑地域からお届けしました(^^)

Author: | Category:11雄勝エリア, 若畑地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど