本文へスキップ

産地直送ブログ

湯沢市の岩崎地域・末広町の鹿島様づくりリポート

2016年4月22日

末広町の鹿島様

4月17日(日)、湯沢市の岩崎地域・末広町で「鹿島様」づくりが行われました!
鹿島様は稲藁で作られた地域の守り神。
末広町では毎年、春先に稲藁の付け替え作業を行っています。

*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*::::::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*
今回は湯沢市地域おこし協力隊・荻原さんから詳細なリポートをいただきました! 
以下は荻原さんの原文そのままでご紹介します♪
*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*::::::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*

4月17日(日)、湯沢市の岩崎地域・末広町にて年に1度の鹿島様づくりが行われました。

当日の天気予報は雨マーク。事前確認によると「少雨決行! 土砂降りの場合も、
神社のお堂の中などを利用してつくる!」という力強いお言葉。
ちなみに「これまで大雨の中で作業したことはあるんですか?」と、
聞いてみたところ、「うーん……。ねな。」と。
その言葉どおり、この日、作業中は途中パラパラと雨粒が落ちてきたくらいで済み、
終わった途端に本降りになりました。(午後には暴風警報が発令されるくらいの荒れた
天気に。作業中は鹿島様が雨雲を押さえてくれていたのかもしれません。)

到着すると、そこはすでに作業の真っ最中。
各パーツをつくるための稲藁の準備が行われていました。

image001

まずはいつもどおり、藁をしごくところから。
手慣れた様子で作業をこなす皆さん。稲の葉部分などを取り除いて、
できるだけきれいな茎だけの状態にします。

稲藁は、町内の方がつくっているコシヒカリの藁をお願いして頂いているとのこと。
あきたこまちでは、長さが短くなってしまうため、
鹿島様づくりには適さないそうです。

パーツによっては、ぐいっと捻ったり、細かく編んだり、という作業が必要なものも。
そのままの稲藁では硬いため、大きなトンカチや小ぶりな木槌で叩いて
しなやかにする作業も進みます。

石座を台座にします  稲藁をとんとんと叩きます

丁度いい具合の石を台座に、トントン、ドスドスと叩かれる稲藁。

稲藁を柔らかくするために叩く作業  鹿島様の指を稲藁で作ります

そうやってやわらかくなった藁の一部は、
ぐいっとひねるパーツのひとつ、『指』の職人さんのもとへ。
器用にするすると全体をひねりながら、
鉄棒を支柱にしてねじりが加えられていきます。

手と足、合わせて20本つくります  着々と作業を進めるお父さんたち

「手と足、合わせて全部で20個つくらねねがら。多いな。」
なんてお話をしながら、次々に指が編みあがっていきました。

そのほかのパーツも着々と。

その他のパーツも着々と  神社の下で作業します

黙々と作業が進みます  パーツがどんどん完成していきます

神社の軒下とその周りでは、腕と脚に巻きつける部分を
みんなで協力してつくっていました。

こちらは鹿島様の胴巻き  末広町の鹿島様づくり

そのほかにも、腰巻やお臍と胸になる部分。

鹿島様の胴回りを覆う藁

胴回りを覆う藁には、お裁縫のように木の大きな針を使って藁の紐を通していきます。
(この藁の反物みたいなもの、米俵の材料なのだそう。今回はじめて知りました。)

2人がかりで稲藁をあみあげます  協力してパーツを作ります

みなで協力しながらパーツを完成させます

縄も協力して編みあがっていきます。
細いものは、ここからさらに加工を加えて、刀の鍔部分に?

そして大物が「横綱」と呼ばれる、腰巻用の太い綱。
3人がかりで、ぐるぐると回りながら仕上げます。

一番大きなパーツは鹿島様の横綱

先輩たちに教えてもらいながら横綱を綯う  横綱が完成

出来上がった綱からは、ぴょんぴょんと藁が飛び出ているので、
最後にそれを焼いたら完成です。

綱からはみ出ている部分は焼いて消去

出来上がったパーツをどんどん組み上げていって……

出来上がったパーツを組み立てる  どんどん組み立てます

腕を設置しているところ  胴体ができあがりました

鹿島様のお面も設置完了  胴回りも綺麗に編み込みます

胸の位置決めをして、顔の位置を調整して……

頭も完成  各パーツの微調整を行います

みんなで参拝。

作業した人、みんなで参拝

お神酒で労をねぎらいます。

みんなで御神酒をわけあいます

今年も立派な鹿島様ができあがりました。

2016年の鹿島様が完成

実は、鹿島様のご神体は左に写っている小さな石碑なのです。

鹿島様のご神体

こちらも、装い新たに、無事完成!

鹿島様をつくるとき、どのくらいの量の藁をつかって、太さはどれくらいにするのか、
どうねじっていくのか。それをはかるのは全部、手の感覚です。
だから、簡単そうに見えるのに、教えてもらっても、これが全然うまくいきません。
「何回もやってみるしかねな。」という言葉に、大きくうなずきました。

今回、気づくとあちらこちらで技の伝承が行われていました。

技の伝承が行われていました。  先輩のテクニックを学びます

少しずつ、末永く、この文化が続いていけばいいなぁと思った一日でした。

*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*::::::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*

荻原さんのリポートいかがでしたか?
末広町で受け継がれてきた、きめ細やかな鹿島様づくりの様子が伝わってきますね♪
荻原さん、ありがとうございました!

湯沢市岩崎の末広町から鹿島様づくりの様子をお届けしました(^^)

Author: | Category:03地域からの情報提供, 11雄勝エリア, 岩崎・末広町地域


カレンダー
2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど