本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 燃え上がる天筆と空に舞う紙風船。田の尻集落で火まつりが開催されました!~前編~

燃え上がる天筆と空に舞う紙風船。田の尻集落で火まつりが開催されました!~前編~

2016年3月8日

2月21日(日)、大仙市・小神成地域田の尻集落の
小正月行事、火まつりが行われました!
前編では準備の様子を、後編では火まつりの様子をご紹介していきますよ~!

火まつりの準備

「田の尻生活改善センター」に到着すると、
お母さんたちがお昼頃の餅つきの準備に集まっていました!

壁には、夜に雪中田植えで使うケラとすげ笠が掛けられていました。

ミノゲラ、すげ笠

前日には「太田の火まつり」が行われ、その場でも田の尻集落の雪中田植えが行われました。

こちらは「苗籠(なえかご)」。

苗籠(なえかご)

昔は田植えをする時に使っていたそうですが、
今では作っているところもなくなってきてしまいました。
昔の姿のまま伝統を継承していきたいと、集落の有志が
集落の竹を使って作ったものです。
編み目が大きいのは、かごに入れた苗の水分が下に落ちるようにするためなのだとか。
かつて使っていた道具を見ていると、先人の知恵が見て取れますね!

生活改善センターから少し歩いたところに、火まつりの会場があります。
そこは、集落の方が所有する田んぼで、火まつりのために場所を提供してくださったそうです!
続々と田の尻集落の方が準備のため集まってきました。

ショベルカーで登場

雪をよせるため、ショベルカーやトラクターで登場する方や、
必要な道具を持参して参上する方など、
誰が指示するわけでなく、各々が役割を考えて集まります。
田の尻集落の水谷会長は、ここがすごいところ! と話してくれました!

作業中といえど、真冬の寒さは身に染みます。
そのため、なんと会場には暖をとるための大きな焚き火も準備されていました!

焚き火

暖かい……。

紐を作る

焚き火の周りで、皆さんで藁を結んでいるのは、
「天筆(てんぴつ)」を作る時に棒に藁を括り付けるための紐になるんです!

藁で作った紐

縄などを使うより、燃えやすいのかもしれませんね。

こちらは雪中田植えが行われる場所です。

雪中田植えが行われる場所

細いしめ縄で囲ってあり、しめ縄の所々に

火まつり

「幣束」「青木の葉」「五葉松」「昆布」が取り付けられています。

柳の木

囲いの角には柳の木が立て掛けられており、
「芽吹きが良くなるように」という願いが込められているのだとか!

「きゃんじき(かんじき)」を履いて作業するお父さんを発見!

きゃんじき

雪に埋まらないので、作業がしやすそうです!
この技術、昔も今も必要な技ですよね!

さて、いよいよ天筆の作製に取りかかります。
ここで、スタンプラリーにお邪魔した時に刈り取っていた稲わらが登場しました!

稲わら

その量、軽トラック2台分!

天筆づくり

ハシゴで中心になる棒を支え、藁を束ねて括り付けていきます。
夜まで藁が落ちないように強く結び付けられます。

熟練の技

ここも熟練の技が光ります。
天筆のてっぺん部分は、今まで括り付けてきた藁の方向とは逆に括り付け……

火まつりの準備

一斉に立ち上げます!
立ち上げられた天筆は大、中、小の3本!
夜には1本ずつ火が付けられ、空を焦がします。

お父さんたちが準備をしている間、子供たちはミニかまくらの準備♪

ミニかまくらづくり

ミニかまくらづくり

二つ重ねたミニかまくらなど、子供たちの工夫も見られました!

さて、生活改善センターで餅米の準備をしていたお母さんたちから
準備ができたという声がかかりました!
餅つき会場に向かう途中、お父さんたちはもう一つの天筆を
火まつりの会場の周囲に立てていました。

こちらのカラフルな天筆は、各家々の願い事が書かれています。

天筆

火を付けられた藁の天筆で燃やし、願い事を空へ届けるんです。
とっても御利益がありそう!

餅つき

さて、生活改善センターの前では、餅つきが行われます!
ほかほかに蒸かした餅米を臼に投入!
最初はお父さんたちがならし……

餅つきに挑戦!

さあ、餅つきに挑戦だっ!

がんばって餅をつく子供たち

「よいしょ、よいしょ」とがんばって杵を振り上げる子供たち。

私も餅つきに参加させてもらいましたが、
皆さんが餅をつくと鳴る、ドスン! という軽快な音がしませんでした……(泣)
ぺしょ、という音しかせず、餅つきは奥が深い……と思ったのでした。

餅つきが終わり、センター内は美味しそうな香りでいっぱいになっていました。

豚汁

つきたてお餅

お母さんたち特製の豚汁とお漬け物、そしてつきたてのお餅♪
夜の本番に向けて、景気付けです!
赤ちゃんを連れたご家族も一緒に、かんぱ~い!

かんぱ~い!

ほかほかのお餅に豚汁、田の尻集落の皆さんのアットホームな雰囲気で、
寒さなんて吹き飛んだ取材班でした。

夜の火まつりの様子は、後編でご紹介いたします!
後編はコチラからご覧ください♪ ↓
燃え上がる天筆と空に舞う紙風船。田の尻集落で火まつりが開催されました!~後編~

●おまけ
田の尻改善センターの向かいにある「高昇電気工事」のガレージを借りて、
皆さんで休憩中の一コマです♪

休憩中

ほっこりとした休憩中の様子をお届けしました♪

Author: | Category:09仙北エリア, 小神成地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど