本文へスキップ

産地直送ブログ

羽後町堀回の元城門松かまくら展に行ってきました!~前編~

2011年2月14日

2月12日に元西総合センターで行われた、元城門松かまくら展に行ってきました!
今年で34回目となる、伝統ある行事です!

取材班が会場に着いたころには、もう出店などの準備で大忙し!
焼き鳥や焼きそばのいい匂いがしてきます…♪
出店の準備で大忙し!

かまくら!

こちらが堀回地域のかまくらです!
その昔、小野寺領に最上が攻め込んできた際、子どもや女性を避難させるために作られたと言われています。
何百年も前から伝えられているこちらのかまくらは、夜にライトアップされるととても幻想的に光り輝きます!
その様子は、後ほど!!

さて、16時からは今年の豊作を祈る雪中田植えが行われました!

画像 014

雪中田植えの様子雪中田植えの様子

一番初めに1年お世話になった農具に感謝を表し、丸い餅をナタで切り落とし、お供えします。
2礼2拍手1礼をし、豆ガラとワラを苗に見立て、四角く囲われた場所へ植えます。
そして植えた場所にお神酒をかけ、五穀豊穣を祈ります。

雪中田植えのあと、かまくらに火が灯りました。
子どもたちも興味津々です。

かまくらに火が灯りました。

子供たちで賑わい始めました!

出店の周りも子どもたちで賑わい始めました!

…と、ここで子どもたちが食べているおせんべいに目が止まりました。
出店にないよなぁ、と思っていると地域の方に藁の屋根があるかまくらへ案内していただきました。
この大きなかまくらの中で、おせんべいを焼いていたようです!

いざ、かまくら!

かまくらの中に潜入です!
中は以外にも暖かく、ゆっくりとくつろげそうなスペースになっていました!

せんべい焼きの様子

おせんべいを作る器具は、先で餅を挟めるようになっています。
そこに油を塗り、2センチ角くらいの大きさのお餅を2つ入れて挟んで焼くと、おせんべいが出来上がります!

できあがったおせんべい

私も1枚頂きましたが、素朴な味でとても美味しかったです♪
こちらのせんべい焼きも、昔から行われている伝統あるものなのだそうです。

どんどん時代が移り変わって行ったとしても、こういった伝統は大切に伝えていきたいですね。

さて、取材班がかまくらの外に出ると、目の前には幻想的な風景が広がっていました!!

この続きは後編で!

Author: | Category:11雄勝エリア, 堀回地域


カレンダー
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど