本文へスキップ

産地直送ブログ

にかほ市・横岡自治会便り68号より、9月の横岡地域の活動をご紹介♪

2015年10月29日

image012

にかほ市・横岡地域から自治会便り68号が元気ムラ支援室に届きました!
敬老会の賑やかな様子を中心に、9月の横岡地域をご紹介します♪

こちらから下の文章は、横岡自治会便り68号より抜粋したものです。賑やかな敬老会と、齋藤實さん、高橋二郎さんのお2人の寄稿文が掲載されています!

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆

●長寿おめでとうございます! 自治会敬老会を開催

image010

9月21日(月)、横岡自治会の敬老会が行われました。上の写真は今年65歳を迎える8名の皆さん。この方々を含め80名の参加がありました。

image008 image009

image011 image016

敬老会の余興では横岡自治会の『永遠の“乙女”』による寸劇と踊りに、洋翔会の踊りを鑑賞。次々リクエストされるカラオケ大会に、時間を忘れる位の楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

image014 image015

中でも一番の盛り上がりを見せたのが、永遠の“乙女”の皆さんの寸劇と踊りでした。この明るく元気なDNA(遺伝子)が、子や孫に引き継がれ、自治会の運動会・御祭りなどの色々な行事で発揮されています。激動の昭和時代を乗り越え、住みよい自治会に築き上げて下さった先輩の方々、今後ともお元気で、ご指導よろしくお願いいたします。

●齋藤實さん(佐治兵衛)の寄稿文「敬老会の案内をいただいて」
斎藤さん敬老会の案内をいただいた時、一瞬複雑な思いがありました。自分では未だ未だ先のことだと思っていたのである。20代の頃、ご年配の方々が足が痛い膝が痛いと言い、あるいは動作の前には「どっこいしょ」と気合いを入れるのを見聞していたが、自分は年をとってもそうはならないと思っていた。ところが、現実はそうではなく年相応の体になっている。

私たちが生まれた時代(1950年頃)の平均寿命は男性が60歳、女性が64歳であったそうです。そんな時代に生まれた私たちが、このように敬老会の案内をいただくことができるのも平均寿命が延びたお陰であり感謝しなければなりません。

案内を機に思い起こしてみると、年代的には割と恵まれた世代であると感じます。幼稚園は私たちの頃に始まり、小学校の給食も私たちから実施され、中学校の給食も私たちが三年生の時から始まった。

中学校の卒業間際に校長先生と一緒に給食をいただくことになり、校長室で校長先生と生徒が3人ぐらいで昼食を食べるのですが、食事しながらの自己紹介で同じクラスの勝弥君が、急に田舎言葉から都会言葉になり、何事にも動じない勝弥君も緊張したのかなと感じたことが思い起こされました。(※勝弥君ごめんなさい私の感想です)

さて、敬老会に参加してみると歌や踊りにと、先輩の皆様のパワーあふれる躍動感に圧倒されました。日頃の勤勉な暮らしがその源であろうと思います。是非、見習いたいものです。私の生まれた年の100年後(2050年)には、少子化の影響により、国の人口が現在の1億二千万人から節目の一億人を割るとの推計があります。しかし、そんな推計が杞憂に感じられた敬老会でした。

●高橋二郎さん(高橋商店)の寄稿文「ゴエン会」
横岡のごえん会
横岡に“ゴエン会”という会が、ある事はご存知でしょうか。正式には「御縁会」と申します。設立は昭和59年で現在の9名の会員です。何の会と申しますと、古銭や記念貨幣に興味のある仲間の集まりですが、近年は呑兵衛(のんべい)の会のように思われております。

ゴエンは五円を文字って『御縁』とつけました。現在会長は村上公雄さんです。毎月2000円の積み立てをしています。2~3年に1度、遠方へ出かけることを楽しみにしております。震災前は三陸の金華山へ行きました。日光方面にも行きました。

北陸方面には数回ほど行きました。前日夜、マイクロバスで出発し、車中泊で翌朝一番見たい目的地で見聞を高めます。近年の思い出は、光岸寺の和尚『道彦(どうげん)和尚』様と一緒に早朝の永平寺を参拝して、富山県の立山連峰、黒部ダムを縦走して長野県の大町に泊まってきた思い出が楽しく有難かったです。

ところで本命の古銭・記念貨幣集めも、皆で楽しんでおります。昭和の東京オリンピックの1千円銀貨の発行から愛好家にブームが沸きました。近年やたらと記念貨が発行され、種類が多く集めづらくなってきております。最近では地方自治60年で全国の県の記念貨や新幹線の記念コインが人気を呼んでおります。

今の千円札についてお話します。夏目漱石は発行枚数が多く連番を何回も使っています。そこで記号・番号の色を変え前中後期と区別しております。また、お札中央真下には大蔵省印刷局製造、財務省製造、国立印刷局などが印刷され、千円札だけでも種類が多く発行されております。

今も使える聖徳太子、伊藤博文などの旧千円札は大変珍しく、なかなか入手はできません。以上、お金の話をして御縁会の紹介といたします。
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆

以上、横岡自治会便り68号から9月の横岡地域の様子をお届けしました♪

Author: | Category:03地域からの情報提供, 08由利エリア, 横岡地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど