本文へスキップ

産地直送ブログ

にかほ市・横岡集落の小正月行事「サエの神」 ~後編~

2011年1月26日

順番待ち
午後5時30分に自治会館を出発した「二番鳥」。
今度は「もちもらいの唄」を歌いながら、80軒以上ある家々を練り歩く子供たち。

いただきます

子供たちを待つ集落のみなさんは、お餅やみかん、お菓子を用意しています。
中には、その年の干支でかたどったお餅を準備している人もいるそうです。

お餅をゲット!
そりに載せます

手に入れたお餅やお菓子をソリに、た~んまり載せ、
「もーちくれ!」「もーちくれ!」と歌いながら次の家を目指します。
なんだかハロウィンを彷彿させますね。

夜の横岡
子供たちに同行して、一軒、一軒、横岡の住宅を拝見させてもらいましたが、
ご覧ください、玄関に灯りをつけた横岡の家々を。
「ここは京都?」と錯覚してしまいそうなおごそかな雰囲気です。
横岡の中には300年以上の歴史が伝わる家もあるそうです。

初嫁その1初嫁その2

こちらは、「初嫁」さんがいらっしゃるお家です。
この行事の主役は、もちろん子供たちですが、もうひとつの主役がこの新婚の「お嫁さん」。
初嫁がいる家を訪れる時は、「初嫁ではれ 初嫁ではれ」「つつくはいまだ つつくはいまだ」と
「はつよめ家の唄」を歌います。

一休み

ちょっとひと休みする子供たち。
全て回ったあと、小学生は自宅に戻り、中学生の2人は、大人と一緒に自治会館に宿泊し、
翌日「三番鳥」として出発し、この行事は終わります。

先輩の中学生の男の子は、お餅をもらった小学生に「お礼いったか?」と確認してました。
こうやって、横岡の子供たちは、社会のマナーを覚えていくんですね。

子供たちを見守る横岡の人々

昔と比べ「子供たちが少なくなっている」と話す横岡のみなさんですが、
80軒近くある家を回るこの行事を、絶やすことなく続けているのはすごいことです。
子供たちも、この行事を楽しんでいる様子でした!

静かに雪が降り積もる夜、ほっぺたが刺すように冷たい空気の中を
「もーちくれ!」と元気に叫ぶ子供たちが、とっても頼もしい、横岡の報告でした!

Author: | Category:08由利エリア, 横岡地域


カレンダー
2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど