本文へスキップ

産地直送ブログ

中野地域の彼岸花づくりに行ってきました!

2011年1月25日

1月20日から大館市の中野地域で行われている彼岸花づくりに、取材班は21日に見学しに行ってきました!
県北地区では、春のお彼岸の時期にはまだ雪があり、供える生花が手に入りにくかったため、彼岸花の造花を供える習慣があるそうです。
中野地域では、「三岳老寿会」の方々が彼岸花づくりを行っています。

彼岸花づくりが行われている「中野温泉」へ入ると、木を削る軽快な音が聞こえて来ました。

・・・ん?木?
そうなんです!中野地域で作られている彼岸花は、木で作られているんです!

薄く削られた木。花弁になります!

写真はドロノキを電動カンナで薄く削ったもので、この部分は花びらになります。
色は五色あり、ピンクの彼岸花が地域の方々の手によって一つ一つ丁寧に作られます。

色付けの様子です!

染料に直接彼岸花をつけて、色を染めていきます。
徐々に出来あがって来ました♪

色鮮やかな彼岸花
染料を乾かしている状態です。
五色の花が色とりどりに並んで、まるでお花畑にいるみたいです! 

染料が乾いたら出来上がり・・・

ではありません!

仕上げに葉っぱをつけています。

最後に葉っぱをつけたら出来上がりです!
葉っぱも、一本一本手作業でつけていきます。

彼岸花完成!

完成です!
全て手作業で作られているので、一本一本に味がありますね。

 

このあと、六本セットで袋詰めにされて出荷され、大館市内の道の駅や商店などで290円で販売されます。
五色入りですが、紫色が二本入りになっており、花びらがグラデーションになっている新しいデザインになっています。

彼岸花は、約9000本を作成する予定で、二月上旬まで作業が行われるそうです。
 
一本一本、人の手で丁寧に作られ、地域の方々の知恵が詰まった彼岸花は、きっと生花よりも温かなお供えになるのでしょう。 

 

以上、中野地域からでした!

Author: | Category:05北秋田エリア, 中野地域


カレンダー
2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど