本文へスキップ

産地直送ブログ

300年の伝統 ~由利本荘市・三ツ方森集落の山焼き~

2015年5月20日

02_乾燥した火が続いたため火のまわりが早い

4月29日(水)、由利本荘市・三ツ方森集落の伝統の山焼きに
元気ムラ支援室の職員が参加させていただきました!

昔の人々は、春に「山焼き」を行って、
ワラビやゆり根、牛馬のエサなどの山の幸を得て生活してきました。
しかし、時代の変遷とともに生活スタイルも変わり
山焼きを行う地域も少なくなってきました。

01_たくさんの人があつまりました IMG_1781

三ツ方森集落は、近隣の石沢集落の有志でつくる「石沢川源流探訪の会」や、
秋田県立大学の学生さんなど、外部の方にも山焼きを手伝ってもらい、
伝統の山焼きを体験してもらいながら、住民の皆さんと交流を深めています。
この日も、たくさんの人が三ツ方森集会所前に集まりました!

02_山焼き開始 02_由利本荘市の小野副市長

9:00に山焼き開始!
風向きをみながら、点火役のベテランの皆さんが火をつけていきます。
由利本荘市の小野副市長(写真右)の姿も♪

03_じょうろ部隊は火をくいとめる係り 03_ホースで水をかけます

こちらは、火の防火線を守る「じょうろ部隊」の皆さん。

02_今年は火の勢いが凄い 03_燃えかすがとんで大変

今年は、火の勢いが早く、
じょうろ部隊の皆さんは大忙しでした。

02_乾燥した火が続いたため火のまわりが早い

ベテランの皆さんの指導のもと、慎重に作業を進めていきます。

04_標高250mの三ツ方森にはまだ雪が

04_あたり一面が真っ黒に

参加者の皆さんの協力のもと、無事に山焼きが完了!

04_道以外は真っ黒

「昔は1日半かけて、集落の住民だけで山焼きをしていた」と、
三ツ方森集落のおスエさんが教えてくれました。
山焼きは、体力的にかなりきつい作業。
参加者も「三ツ方森集落の人達のタフさにビックリ」と感嘆していました。

05_懇親会のおにぎり 05_懇親会のお料理

こちらは、お昼用のおにぎり。集落の各家々でご飯を炊いてもらい、
集会所に炊飯器ごと持ち寄って作りました!
なんと6升分ありましたよ~。

05_みんなで懇親会 05_懇親会で猪股さんの挨拶

山焼き終了後は、集会所で待ちに待った懇親会です♪ 
「ノンアルコールビールが……最高に旨かった」とは、支援室職員のコメント。
ちなみに、この日は、何と猪股会長(写真右)ご夫婦の
44回目の結婚記念日なんだとか!
こんな話題を交わしながら、参加者一同、楽しい一時を過ごせました♪

06_美味しいわらびが生えてきます

三ツ方森のワラビは、太くて柔らかく美味しいと評判です。
この美味しいワラビは、住民の皆さんが山焼きを行うことで生えてきます。
山に火を入れ、灰になった草が肥料となり、良質な山菜が生えてくるんです。
入山料1000円は、毎年の山焼き開催の資金として使われています。
皆さんが納めた入山料が、良質なワラビに役立ちますので、
今後とも、ご協力お願いします。

三ツ方森集落の入山料金に関しては下記のリポートもご覧ください。
三ツ方森集落にNEW看板が登場!(2013年5月掲載)

06_夕暮れの鳥海山

宴が続く集会所から撮影した鳥海山。
夕暮れ時の姿もうっとりしますね~。

2015年の三ツ方森集落・山焼きのリポートをお届けしました!

●おまけ
IMGP7911 IMGP7913

いつも、元気ムラブログに写真提供してくれている
県職員応援隊のKさんからいただきました!
5月上旬に三ツ方森集落で撮影した八重桜です。

IMGP7916

今年は春が短かった秋田県ですが、
標高250mの山間にある三ツ方森集落では、
見事な八重桜が花を咲かせていました。
Kさん、写真提供、ありがとうございました!

Author: | Category:08由利エリア, 三ツ方森・大台地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど