本文へスキップ

産地直送ブログ

青森県七戸町・白石地区と仙北市・田沢地域の交流

2015年3月3日

01_田沢と白石で記念撮影

2月10日(火)、仙北市の田沢地域で集落間交流が行われました。
今回、田沢を訪れたのは、青森県七戸町の白石地区です!

青森県と秋田県の集落間交流は今年度4回目!
過去のリポートは次のリンク先からご覧ください♪
新郷村・川代振興会と大館市山田、大館市大葛の交流
三沢市・根井地域と由利本荘市赤田の交流
平内町・藤沢町内会と大館市山田、五城目町馬場目杉沢の交流

●青森県七戸町(しちのへまち)

七戸町は八甲田山の東に位置します。
その中の白石地区は、以前の集落間交流でご紹介した
新郷村川代地区、三沢市根井地区、平内町藤沢地区と同じように、
青森県の「集落経営再生・活性化事業」のモデル地区でもあるんです。
七戸町白石分館地区の活動紹介(青森県ウェブサイト)

02_田沢と白石の意見交換会 02_浦山さんから挨拶

2月10日(火)、白石地区の皆さんは仙北市田沢地域を訪れ、
田沢交流センターで「田沢地域運営体・荷葉(かよう)」の
皆さんと意見交換会を行いました。

荷葉の会長・浦山久二さん(右写真の中央)の挨拶後、
千葉県柏市の京北スーパーへの山菜出荷や現地での料理教室
地域のコミュニティホームを改装して運営している「むらの喫茶たざわ」、
「田沢長いも」「あじゃら」といった地域の伝統野菜・料理継承の取組、
「大山荷葉梵天」という伝統行事の継承など、
田沢地域の活動を説明します。

03_妙子さんのあじゃら 03_あじゃらを試食

こちらは、田沢地域の千葉妙子さんが作ってくれた伝統料理「あじゃら」。
白石地区の皆さんに試食していただきました。

質疑応答では、田沢地域の年間事業計画や「地域運営体」の組織結成の経緯、
千葉県に出荷している山菜や商品の加工などが話題にあがりました。
地域運営体発足の前から田沢で活動している「NPOたざわ村」の
「役場だのみはやめよう 嫌なことはやらない みんなが楽しいことをやろう」
という活動モットーが取材班は印象に残りましたね。

05_田沢のおもてなし

意見交換会後は場所を「むらの喫茶たざわ」に移動。
週2回(火・土曜)営業している地域運営体で運営する喫茶店です♪
喫茶店メニューがお弁当になってます。

04_むらの喫茶で出している「あじゃら」 05_田沢ながいものおつゆ

左は「むらの喫茶たざわ」で提供している「あじゃら」。
右は田沢長いもを使ったおすましです。
栽培数が少ないため希少価値が高い田沢長いもは、近年、人気が高く、
収穫後の11月頃に仙北市商工会で主催する「まぼろしの田沢長いもまつり」では
すぐに完売してしまうほどです。

04_むらの喫茶に移動

昼食を兼ね、フリートークタイム1時間。
田沢と白石の皆さん、お互い今後の活動の参考になったのではないでしょうか?

01_田沢と白石で記念撮影

田沢地域と白石地区の交流の様子をお届けしました!

Author: | Category:09仙北エリア, 7 集落間交流, 田沢地域


カレンダー
2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど