本文へスキップ

産地直送ブログ

懐かしい時間が流れる、五里合琴川集落のなまはげ

2011年1月12日

琴川のなまはげ

大晦日に、五里合地域の鮪川集落で行われた「なまはげ」の様子を先日ご紹介しました。
今回は琴川集落のなまはげ行事の様子をご紹介したいと思います!
琴川のなまはげは青鬼、赤鬼の2匹で家々をまわりますが、
子供のいる家は、この通り。4匹集まると、子供にとってどれだけ怖いんでしょうか……?

雰囲気あふれる琴川の住宅

男鹿半島全域で行われている「なまはげ」行事には、
各集落ごとに、面の作りや、なまはげの所作、もてなし方法にも微妙な違いがあります。

雰囲気あふれる琴川の住宅その2

なまはげでお邪魔した琴川の家々では、玄関を入るとすぐに
写真のような仏壇のある部屋があります。この部屋でなまはげをもてなしますが、
どこの家々も、なまはげがいても、まったく違和感のないお部屋ばかり。
見事に、家と人、そしてなまはげがマッチしています。

もてなす人々

囲炉裏のある家もたくさんありました。

なまはげ膳その2

こちらは、なますや、焼き魚、お刺身など、なまはげをもてなす「なまはげ膳」。
ちなみに、なまはげは、すすめられるお神酒は飲みますが、なまはげ膳には手をつけません。
各家々で、なまはげ膳も異なるので、たくさんの家を見て回れると面白いですね。

移動する琴川青年会のみなさん

大晦日は、帰省した家族とともに過ごしている方が多いのではないでしょうか?
暗闇の中に見える白い道を歩く琴川青年会のみなさん。
向かう先にあるのは、そんな琴川の人々が談笑して過ごす、一家団欒のひとときです。

琴川の街並みを歩くなまはげ

大晦日の夜、外を練り歩くのは彼らだけ。
「けら」のわっさ、わっさという音が、静かに聞こえます。

一番に子供を探すなまはげ

そして、また家々に入り、真っ先に探すのは……

怖がる子供その1怖がる子供その2

もちろん子供たち!
やはり、なまはげの風景はこうでなくては!子供たちごめんね!(汗)
子供時代になまはげを経験できるなんて、本当にうらやましいなぁ~。

さて、今回、取材班は、五里合の鮪川と琴川の「本物」のなまはげを見させてもらいました。
なまはげと人、そして集落の風景、
すべてが一つとなってつくりだす「なまはげ」の姿が、そこにありました。

自分たちの育った木のぬくもりが残る家。
琴川の住居

なまはげの怖かった記憶を笑顔で語る人々、
青年会のみなさん

そんななまはげを、孫が来たように温かく迎える人々
なまはげをもてなす琴川の人々

「こんな情景が本当に残っているのか」、と感じた五里合地域の大晦日でした。
時代の移り変わりにより、各集落のなまはげも少しずつ変わってきていますが、
昔も今も変わらない、なまはげへの思いが、人々にあるように思います。

なまはげをもてなす琴川の人々

「怖い」なまはげを見てきたはずなのに、
そこにあったのは、人々の温かさが伝わる情景でした。

なまはげに記憶を共有する五里合の人々が、
次の世代に五里合の「なまはげ」を、きっと伝えていってくれることでしょう。

Author: | Category:07秋田エリア, 五里合・琴川地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど