本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • にかほ市・横岡自治会の「敬老会」と、大館市「陽気な母さんの店」訪問 ~横岡自治会便り56号より~

にかほ市・横岡自治会の「敬老会」と、大館市「陽気な母さんの店」訪問 ~横岡自治会便り56号より~

2014年12月11日

image017

にかほ市象潟の横岡自治会から「自治会便り56号」が届きました!
9月は敬老会の開催や大館市への訪問が行われましたよ♪

●稲倉神社(黒坊様)鳥居の修復を行いました。
修復前 修復後

数年前から熊の被害で、稲倉神社の鳥居が壊れてしまったそうです。
9月7日(日)に、神社氏子の斎藤光吉(与兵衛)さんと、
佐藤勲一(太兵衛)さんの2名で現地まで材料を運び、
貫(ぬき)を交換。楔(くさび)で固定して鳥居を修復しました
鳥居は、神域への入口を示す大事な「門」です。
お二人とも修復作業、お疲れ様でした!

●横岡自治会の敬老会開催!
image009

9月15日(月)横岡自治会の敬老会が開催されました。
今年65歳を迎える5名を含め、参加者は80名!

image010 image013

老人クラブ会長、斎藤光治さん(写真左)から
横岡自治会の敬老会の始まりについてお話がありました。
昔、簡易水道の設置工事・消防ポンプ自動車の購入等に
相当のお金が必要な時があったそうです。
その時の財源になったのが、諸先輩が植林・維持管理して育てた「森林」。
伐採により得たお金で事業を行ってきました。
その諸先輩の努力に感謝するために始まったのが、現在の敬老会なんだそうです。

image014 image015

余興では「洋翔会」の踊りを見て、皆さん楽しい時間を過ごされたようです!
う~ん、やはり地域には芸達者な方がたくさんいらっしゃいますね。

ちなみに平成26年に65歳になられたのは昭和24年生まれの方です。
この年は、映画「青い山脈」が大ヒットしたほか、
・湯川秀樹博士がノーベル物理学賞受賞
・1ドル360円の単一為替レート実施
・道路交通取締法の改正により「人は右、車は左」の対面交通が実施
……などなど。

自治会便りでは「激動の昭和の時代を乗り越え、
住みよい自治会に築き上げて下さった先輩方々、
今後とも御指導よろしくお願いいたします」と締めくくっています!

●横岡自治会の中山間視察研修
image016

毎年、横岡自治会では「中山間先進地視察研修」を行っています。
今年は9月21日(日)、大館市の体験交流型直売所「陽気な母さんの店」を
訪問しました。横岡からの参加者はなんと68名
にかほ市象潟の横岡地域を朝7時、マイクロバス3台で出発し、
3時間半かけて、目的地の陽気な母さんの店に到着です!

image017

当日は陽気な母さんの店の代表を務める石垣一子(写真中央)さんが
幟(のぼり)を振って店の前で迎えて下さったとか!
店内は小さいながらも、野菜、旬のリンゴ・梨・葡萄や、
大館のお母さんたちの手作りしんこ餅、かまぶく等の商品が所狭しと
並んだ様子に、横岡の皆さんも感心した様子です。

image011 image012

たくさん買い物をして、売り上げに貢献しましたよ!
人気の商品、魔法のみそドレッシングと
陽気な元気バーガーは売れ行きも上々だったようです。

image019

「陽気な母さんの店」から「北部老人福祉総合エリア」に場所を移動し、
石垣会長からお話を伺います。

「農家で先が見えない中、一歩踏み出したいという気持ちから、
平成9年から13年まで、4年間の準備期間店を経てオープンしました。
オープンしたら100%の力ではなく、120%の力を出そうと頑張ってきた」
と、石垣さん。
売り上げが伸び悩んだ時の工夫に加え、
会員の高齢化、法人化にするべきか否かといった
現在の悩みについても話して頂きました。

image020

研修終了後は、陽気な母さんの店の手作り弁当で懇親会となりました!
大館の母さんたちの頑張りに、
横岡地域からは励ましの声があがるなど、
大いに刺激を受けた1日になったようです。

広域連携推進員・みこたんが9月の横岡地域の活動をお届けしました!

Author: | Category:03地域からの情報提供, 08由利エリア, 横岡地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど