本文へスキップ

産地直送ブログ

五里合・鮪川でも大晦日を控え、「なまはげ」の準備万端です!

2010年12月28日

鮪川のなまはげ面

こちらの怖~い表情のお面は、五里合・鮪川地域のなまはげ面です。
一刀彫の見事な造りで、髪の毛もさらさら。普段は鮪川公民館に飾られています。
6月に初めて、鮪川公民館を訪問した時も、この2つのお面が出迎えてくれました。

鮪川では、このお面の他に、古いお面もあります。
↓こちらのお面は、現在の鮪川自治会のみなさんが、なまはげに扮していた時に使っていたもの。

鮪川の古いお面

ちなみに、お面の裏側……

鮪川のお面の裏側

こんな感じになってます。
見たことありますか~?なまはげの裏面ですよ。
野球のキャッチャーミットのようにスポンジをつけてクッション代わりにしています。
お面がずれると痛いらしく、長時間つけられるよう工夫しているんです。

さて、五里合の琴川集落「ケラ(ケデ)」作りの様子をリポートしましたが、
琴川と同じく12月26日、鮪川の公民館でも、なまはげの衣装作りが行われました。

鮪川のけら製作

鮪川でケラを作るのは、実際に「なまはげ」になる地域の若者たちです。
なまはげは、独身の若い男性が優先的に扮する伝統があります。
現在は、既婚者も、なまはげに扮するようになりましたが、
やはり優先すべきは、若い独身男性のようです。

薄田翼さん

鮪川の“なまはげ”最年少は22歳の薄田翼さん!
なまはげに扮するのは、今年で2回目になるという薄田さん。
お面をつけた時の感想を聞くと、
「身が引き締まる思いです!」と気合いが入る様子を話し、
「今年は、迫力あるなまはげに扮したい」と、意気込みを語ってくれました。

この日、応援にかけつけた、鮪川自治会の成田義則さんは、
子供のころ、地域の丘の上の方に住んでいたのを思い出し、
「夕方になると下の方から、なまはげの「声」が聞こえてきて、
とにかく、“おっかない”んだよ(笑)。押入か小屋に隠れたもんだ。
悪いことはできないと思っちゃうね」。
と、幼少時のなまはげの記憶を教えてくれました。
現代のなまはげを成田家で経験するのは、
お正月に鮪川に帰省する成田さんのお孫さんだそうです。
「孫は、泣かなかったけど、かたまってた(笑)。
相当怖かったようで、今でも孫は
“なまはげ連れてくるぞ”というと言うこときくんだよ」。
とお話してくれました。

鮪川のなまはげ製作

鮪川のなまはげも準備が整いましたよ~!

今回、琴川と鮪川でケラ(ケデ)作りの様子を拝見しながら
地域のみなさんから、なまはげの思い出を聞かせていただきました。

笑いながら「怖かった」と話すみなさんの「怖さ」は
ただの「恐怖」では無く、どこか温かみを感じさせるものでした。

地域の人々がつないできた「なまはげ」は、本番どんな表情を見せるのか……
今年は、琴川と鮪川で、「本物」のなまはげを、見てきたいと思います。
来年をお楽しみに~!

Author: | Category:07秋田エリア, 五里合・鮪川(しびかわ)地域


カレンダー
2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど