本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 初登場!北秋田市・七日市地域。~“おやかたの家”長岐邸で学ぶ江戸時代の七日市~

初登場!北秋田市・七日市地域。~“おやかたの家”長岐邸で学ぶ江戸時代の七日市~

2014年11月21日

北秋田市の文化財「長岐邸」

今回は元気ムラ初登場!
北秋田市・七日市(なのかいち)地域からのリポートです!

七日市は、中世の浅利一族がいたと伝わる城跡や
江戸時代の菅江真澄の足跡が多く残されている地域です。
北秋田市の旧鷹巣町に位置し、国道105号沿いに位置する本郷集落から
南東に向かい、小猿部川(おさるべ川)沿いに集落が点在しています。
とても広い地域ですよ~。

冒頭の写真は七日市地域にある「長岐邸」です。
江戸時代にこの地域の「肝煎(きもいり)」を代々務めた長岐家の邸宅で、
北秋田市の文化財にも指定されている古民家!
下の地域振興局のブログにも詳しく記載されているのでご覧ください♪
北秋田☆まちぶろぐ☆ 

肝煎とは現代でいう「村長」さんのようなもの。
長岐邸は地域住民から「おやかたの家」と呼ばれて
親しまれていたそうですよ。

優雅な長岐邸のたたずまい

まだ紅葉が残る長岐邸の佇まいが麗しいですね。
10月30日には長岐邸で「長岐家文書にみる七日市村の生活」
という題で研究会が開催されました。
七日市のことを学ぶには絶好の機会なので、取材班もお邪魔しましたよ♪

DSC05824

長岐家は当時の飢饉に関する記録や、佐竹藩主が七日市を訪れた際、
どのように殿様をお迎えしたかなどを
日記や書物に詳しく記録しているんです。
これらの記録は「長岐家文書」と呼ばれ、なんと1,529点の文書が
秋田県公文書館に所蔵されています。

80人以上集まりました

今回の講座では、徳川林政史研究所の研究員で、
立正大学の講師も務める栗原健一郎さんを講師に招き、
長岐家文書から読み取れる江戸時代の七日市についてお話してもらいました。

af21d769a8b0fe17c2f5e03d2e3ecda2

講座に参加した皆さん、熱心に聞き入ります。
江戸時代は、何度も飢饉に見舞われましたが、
その際、秋田藩は「御救山(おすくいやま)」という制度で
民衆の救済にあたったそうです。

普段、藩が所有する山を村人に開放するのが「御救山」。
伐採した木を売却するなどして、村人は資金を得て
飢饉を乗り切ろうとしたことが、長岐家文書から読み取れるんだとか!

この他にも記録された山林や食料資源の記述から
当時の七日市地域の暮らしを学ぶことができました。

DSC05843

こちらの写真は長岐邸に掲げられていました。
歴代の長岐家肝煎の中で、最も有名な長岐七左衛門が実際に書いたものです。
佐竹藩主を迎え入れたり、地域の治水工事を進めるなどして
江戸時代の七日市地域の発展に貢献しました。

「肝煎ハ一代ニシテ 郷中ハ永久ナリ」と書かれています。
肝煎は一代限りだが、我らが支えられている守るべき郷中は永久……
現代人にも共感できる言葉ではないでしょうか?

おさるべ元気クラブの長岐さん

今回の講座を主催した「おさるべ元気クラブ」の代表、長岐直介さんです。
平成24年春、地域の有志で結成した「おさるべ元気クラブ」は、
これまでに「おやかたさ集まるべ講座」と題して、
地域の歴史・民俗・風土を学ぶ場を作ってきています。

DSC05819 DSC05820 DSC05821 DSC05822

長岐邸の中には、これまでに開催した講座のポスターや
活動写真がたくさん掲示されていました~。

下記のリンク先には「おさるべ元気クラブ」の旬の情報が掲載されています。
ぜひご覧ください♪
おさるべ元気クラブfacebook
行動人(秋田県生涯学習センターウェブサイト)

今後も七日市地域の情報をご紹介していきますのでお楽しみに♪

長岐邸の樹木

広域連携推進員・みこたんのリポートでした!

Author: | Category:05北秋田エリア, 七日市地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど