本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 【元気なムラ人VOL.21】大仙市・半道寺地域の「半道寺おもてなし一座」!

【元気なムラ人VOL.21】大仙市・半道寺地域の「半道寺おもてなし一座」!

2014年10月14日

総勢14人半道寺おもてなし一座

10月1日(水)、大仙市・半道寺地域にお邪魔しました。
お話を伺ってきたのは、その名も「半道寺おもてなし一座」!
元気いっぱいな半道寺の皆さんをご紹介します♪

第1回半道寺ふるさと祭りの様子 チンドン隊の登場

半道寺自治会の皆さんから以前見せてもらったのが、この写真。
平成25年に半道寺自治会で開催した「半道寺ふるさと祭り」の時に
地元の有志で結成した「半道寺おもてなし一座」の様子です。

スコップ三味線やチンドン隊でお祭りを盛り上げました。
この写真を見て、ぜひ、おもてなし一座の皆さんにお会いしたいと思い、
取材をお願いしたのでした。

01_18時を過ぎるとメンバーが集まってきました

18時30分頃になると、三世代交流館に続々とメンバーが集まってきました!
普段はメンバーの自宅で練習しているそうです。
今回、取材をお願いしたところ、
「広いところの方が取材しやすいでしょう」と、会館に集まってくれたのです。
ありがたや~(涙)

02_スコップ三味線を入れるケースは着物の帯を使用 半道寺のスコップ三味線

左の写真、何か分かりますか?
これはスコップ三味線のスコップを入れるケース。
ギターケースのようなものですね。
しかも素材はメンバーの女性がお嫁に来た時に使用した着物の帯!
贅沢な素材ですが、とっても格好いいです!

05_女性メンバー

スコップ三味線の練習の様子です。
現在のメンバーは女性9人、男性5人の計14名。
中央の女の子はメンバーのお孫さん♪
いつも練習中は興味津々に一緒に参加するそうです。

05_男性メンバー

当初、おもてなし一座は男性4人のチンドン隊で発足しました。
いつのまにか気心知れた者同士集まり、
発足1年で現在の14人になったそうです。
ご夫婦で参加している方も4組いるんですよ~。

06_女性たちの踊りの練習の様子

10月19日に「第2回半道寺ふるさと祭り」が開催されることもあり、
出演する皆さんは踊りの練習中です。

手作りのチンドン隊

こちらはチンドン隊の練習。
使用する楽器は鍋の蓋、お皿など「手近にあるもの」を使用します。

07_チンドン隊 (1) 07_学校から借りた太鼓
07_鍋の蓋 07_鍋の蓋はシンバル代わり

手作りの飾り付けでカラフル&華やかな楽器に様変わり。
その他にも、アコーディオン、鼓笛隊の太鼓は
閉校した学校の備品を借りているんです。

04_スコップ三味線の飾り付け 04_スコップ三味線の道具に栓抜きを使用

無機質なスコップもこの通り!
スコップ三味線のバチは、酒屋さんからもらった「栓抜き」を飾り付けして使用します。
「みんなで作ったのよ~」と話すお母さんたち。
楽しそうな道具作りの様子が目に浮かびますね。

08_大広間でスコップ三味線の練習(2)

一列に並ぶと壮観です。
衣装を揃えると、さらに格好良くなりますね~。

決まってます!

とにかく、皆さん元気!
取材中も会話や「あはははは~!」と笑い声が途切れません。
「みんなで楽しくやれればいいものな~」と話します。

08_座長の小松さん

座長の小松健雄さんです。
一座結成のきっかけは、
「夏祭りや盆踊りなど地域行事が減り、寂しく感じていました
何かやって楽しくできないかと思い、チンドン隊を始めたんです」。

結成して1年ですが、高齢者にとても喜んでもらっていると言います。
「レパートリーを増やして、近隣の介護施設などで慰問できればいいなぁ」と、
話してくださいました。

力強い応援団

半道寺おもてなし一座の練習風景は、とても活気がありました!
「なんせ力強い“応援団”いるものな~!」。
メンバーのお孫さんは、パワーの源ですね♪
衣装に身をまとった本番が楽しみです!

広域連携推進員・みこたんのリポートでした!

Author: | Category:09仙北エリア, 元気なムラ人, 半道寺地域


カレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど