本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 三種町・上岩川に地域おこし協力隊、山口健三郎さんが着任しました。

三種町・上岩川に地域おこし協力隊、山口健三郎さんが着任しました。

2010年12月21日

12月20日、三種町に、1人の頼もしい若者がやってきました!
総務省の事業「地域おこし協力隊」として着任した山口健三郎さんです。
現在、秋田県では、上小阿仁村、鹿角市で3名の協力隊員が活動しています。
この日、新たに三種町と大館市で3名の隊員に委嘱状が各地で手渡されました。

三種町役場で委嘱状

三種町役場で三浦正隆町長から委嘱状を受け取った、
神奈川県・藤沢市出身の山口健三郎さん。
「私達が思いつかないような発想をどんどん出してください」と三浦町長から激励を受けました。
山口さんは、三種町上岩川地域で、本格的に活動を開始します。


三種町長とあいさつ顔合わせ

山口さんは、旅行会社に勤めていた経歴をお持ちの35歳。
プライベートでも旅をするのが好きで、
車やオートバイ、列車などで47都道府県をまわったそうです。
そんな日本の中でも、秋田は特に魅かれたものがあったそうで、
上岩川を活動地域に選んだ理由を記者に問われると、「直感です」。

就農を目的に、さまざまな土地を探していた山口さんの目から見ても
秋田県は海、山、川、あらゆるものが揃っていて、条件的に「ピカイチ」なんだそうです。

さて、そんな山口さんを、今か今かと、上岩川ふるさと交流館で待つ地元のみなさん。
山口さんは、準備段階で、何度も上岩川を訪れているため、
地元のみなさんとは、すっかり顔なじみ。山口さんが到着すると……

上岩川での生活のレクチャーを受ける山口隊員

「良くきたな~!」
「嫁か婿が来たような感じだな!」とみなさん、ホクホク顔。

嬉しそうな加藤会長

とっても嬉しそうな、上岩川・房住里の会の加藤昌晴会長
上岩川のみなさんは、雪国の生活や、秋田の方言に苦戦するかもしれない…と
心配しますが、山口さんは、

「まず、この上岩川という地域を知ることから始めたい。
この場所の歴史を知り、地域に根差すことから初めて「地域おこし」につなげていきたい」。
と、山口さんは抱負を語りました。

上岩川では、今後、12月23日に山口さんの歓迎会、
29日には、今年最後の「朝市」も控えています。
その他、冬のイベントも多い上岩川地域で、山口さんの今後の活動が楽しみです!

ふるさと交流館の前で

上岩川で就農を目指す山口さんは、しばらくは、この上岩川ふるさと交流館を拠点に活動します。
ぜひ、交流館に立ち寄って、山口さんや、上岩川の人々と交流してみてください。
上岩川への移住も視野に入れている山口さんは、現在独身。
お嫁さん募集中です~!!

今後が楽しみな、三種町・上岩川の「地域おこし協力隊」リポート第一弾でした!
大館市・大葛地域の協力隊員着任の様子は、後日、別記事で紹介予定です!

Author: | Category:06山本エリア, 上岩川地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど